アイキャッチ画像

この記事では、「誰でもわかる!パソコンの選び方と購入時のポイント」を、分かりやすく解説していきます。

まず、結論から言いますと、

  • 持ち運んで作業する:「ノート型」
  • 決まった場所で作業する:「デスクトップ型」
  • メーカー直販やネット通販などで購入する

以上の3つとなります。

ノートPCとデスクトップPC比較まとめ

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

まず、「早く答えが知りたい!」という方のために、以下の早見表でチェックしよう!

私がオススメするパソコンの推奨スペック

  • メモリ:最低でも8GB
  • CPU:Intel Core i5以上
  • 内蔵ストレージ:SSD

ノート・デスクトップ比較表

 メリットデメリット
ノートPC
  • 持ち運びOK
  • 充電があれば、停電しても使える
  • 設置スペースを取らない
  • 価格が高い
  • カスタマイズが制限される
デスクトップPC
  • 価格が安い
  • カスタマイズが自由
  • 設置スペースが必要
  • 電源が必要
  • 持ち運びができない

使用用途

こんな方はノートパソコンがオススメ!

  • 大学の授業・レポート作成をしたい方
  • カフェやサテライトオフィスなどで作業したい方
  • 狭い部屋で作業する方
  • 持ち運びが多い方

こんな方はデスクトップパソコンがオススメ!

  • 決まった場所で作業したい方
  • オンラインゲームや動画を楽しみたい方
  • 幅広いソフトを使いこなしたい方

購入時のポイント

  • メーカー直販で購入する(カスタマイズが自由なので)
  • ネット通販で購入する(実店舗より価格が安い場合がある)
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

それでは、次の項目からもう少し詳しく解説していくよ~!

ノート、デスクトップ、どっちがいいの?

まず考えるのが、パソコン本体。

パソコンは主に「ノート型」「デスクトップ型」の2種類ですが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

ノートPCのメリット・デメリット

メリット

  • 持ち運びOK
  • 充電があれば、停電しても使える
  • 設置スペースを取らない

デメリット

  • 価格が高い
  • カスタマイズが制限される

デスクトップPCのメリット・デメリット

メリット

  • 価格が安い
  • カスタマイズが自由

デメリット

  • 設置スペースが必要
  • 電源が必要
  • 持ち運びができない

パソコンの使用用途は?

次に考えるのが、パソコンの使用用途。

パソコンの使い方によって、「ノートか、デスクトップのどちらか」を判断して決めることができます。

ノートパソコンがオススメな方

ノートパソコン
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

以下のような方は、ノートパソコンをオススメするよ。

  • 大学の授業・レポート作成をしたい方
  • カフェやサテライトオフィスなどで作業したい方
  • 狭い部屋で作業する方
  • 持ち運びが多い方

ノートパソコンなら狭い部屋でも作業することができるので、一人暮らしの大学生や会社員にオススメです。

また、ノートパソコンは持ち運ぶことができるので、カフェやコワーキングスペースでも大活躍です。

なお、ノートパソコンによっては、タブレットに切り替えることができ、かつタッチペンが使える「2 in 1パソコン」もあります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

私の場合も、大学時代には課題作業のためにノートパソコンをいつも持ち運んでいたよ~。

デスクトップパソコンがオススメな方

デスクトップパソコン
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

以下のような方は、デスクトップパソコンをオススメするよ。

  • 決まった場所で作業したい方
  • オンラインゲームや動画を楽しみたい方
  • 幅広いソフトを使いこなしたい方

デスクトップパソコンはカスタマイズが自由にできるので、高性能のパーツなどを組み合わせれば、ハイスペックのパソコンとして使うことができます。

ノートパソコンのように移動はできないが、決まった場所でしか作業する方や、大画面でゲームや動画を楽しみたい方は、デスクトップパソコンがオススメです。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

私の場合、ブログ記事の作成や画像加工などで、主にデスクトップパソコンを使っているよ。

パソコン購入時のポイント

最後に、パソコン購入時のポイントについて。

パソコンの購入時に保証の有無などを重視し、家電量販店で購入する方も少なくありません。しかし、家電量販店でパソコンを購入することは、私にはオススメできません。

その理由としては、以下の通りとなります。

家電量販店でPC購入はオススメしない理由

  • 4GBメモリが搭載されていることが多いから
  • プリインストールソフトが多いから

Officeソフトを使って作業する場合や、メールのやり取りだけで使うなら4GBでも十分ですが、CPUに負荷がかかる高機能ソフトや動画視聴では動作が遅くなります。

また、家電量販店で販売されているパソコンの多くは、プリインストールされているソフトが沢山入っているため、自分には不要なソフトも含まれることがあります。

そのため、パソコンを買う場合は、カスタマイズが自由に出来るメーカー直販やネット通販で購入することをオススメします。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ネット通販限定キャンペーンなどで同じ機種が実店舗より価格が安くなるほか、大学生の方は学割で安く購入できるメーカーもあるので、確認してね!

終わりに

というわけで、今回は「パソコンの選び方と購入時のポイント」を解説しました。

パソコンを買った後に後悔しないためにも、自分に合ったパソコンを選ぶことが大切です。今回の記事がお役に立てればと思います。(*^_^*)

スポンサーリンク