パソコンの寿命は主に3つ【このような場合はPC買い替え時】
口コミ用キャラクターアイコン

パソコンの寿命って何??

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

パソコンの寿命は、「部品・性能・OSのサポート終了」の3つだよ。

パソコンを長く使っていると、ある日突然パソコンの寿命を迎えてしまうこともあります。

パソコンが突然壊れるなどで使えなくなってしまったら、本当に困りますよね。

ですから、パソコンが寿命を迎える前に、早めに買い替えておいた方が後で困らなくて済みます。

普通にパソコンを使っていて、「最近パソコンの動きが遅くなった」と感じる場合は、まず本記事を読む前に以下の関連記事をお読みください。

>>パソコンが遅い・重いと感じたら?原因と軽くする方法を解説

パソコンの寿命は3パターン!このような場合は買い替え時かも

パソコンの寿命といっても、単に「パソコンそのものが寿命を迎える」という訳ではありません。

パソコンの寿命は、大まかに分かれると3つあります。

部品における寿命・・・パソコンの部品の故障による場合

性能における寿命・・・ソフトを動かすのに必要な環境を下回った場合

OSにおける寿命・・・OSのサポートが終了した時

このような状態になった場合は、パソコンの買い替えのタイミングですので、パソコンの調子がおかしくなる前に、早めに新しいパソコンに買い替えることをオススメします。

部品における寿命

パソコンが頻繁に固まったり、ブルースクリーンが発生したりするような状況であれば、パソコンの部品における寿命が来ている可能性があります。

パソコンの部品ごとの平均寿命年数は以下の通りです。

PCの部品名部品の平均寿命年数
HDD/SSD約5年
バッテリー約2年
メモリ半永久的に使えるが、実際は約10~20年くらいが目安
CPU物理的な破損が無ければ半永久的に使える
GPU約5~6年
マザーボード約3~5年
冷却ファン約7~8年
液晶ディスプレイ約8年
キーボード約5年
マウス約1年半
CD・DVDドライブ約5年

デスクトップPCの方がノートPCより寿命が若干長い?

また、デスクトップパソコンの方がノートパソコンより若干寿命が長いといわれています。

デスクトップパソコンは通気口が広いので熱を逃がしやすく、また、ケースを外して内部に溜まったホコリを掃除できます。

一方、ノートパソコンは基本的にケースを取り外すことができず、本体の通気口も狭いので、どうしても熱やホコリによる影響を受けやすいです。

パソコンは熱やホコリが苦手で、内部に熱やホコリが溜まると、本体の発熱や冷却ファンの性能低下などの影響により、パソコンの寿命を縮めてしまう恐れがあります。

そのため、パソコンに熱やホコリが溜まらないよう注意したり、定期的にホコリ掃除したりすることで、パソコンを長持ちさせることができます。

購入から3年以上経過した場合は要注意

多くのメーカーでは、パソコンを購入してから3年以上経過すると延長保証が終了することが多いです。

保証期間終了後にパソコンが故障した場合は修理費用が高くなり、修理の内容によっては新しいパソコンが1台買えるほど高価になってしまうこともあります。

そのような場合は、わざわざパソコンを修理に出すより、素直に新しいパソコンに買い替えた方が安く済みます。

また、パソコンのメーカーは、基本的にパソコンの機種ごとにおける修理対応期間が定められています。

該当機種が生産終了してから4~6年経過すると、メーカーによる修理サポートも打ち切られることが多いです。

もし、メーカーにおける該当機種の修理サポートが終了した後にパソコンが故障した場合は、パソコンの修理ができなくなることもあります。

ですから、パソコンを購入してから3年、長くても5年経過したら、新しいパソコンに買い替えることも検討しておきましょう。

性能における寿命

高機能のソフトウェアをインストールしたものの、パソコンの性能不足が原因でソフトが動作しない場合は、あえてパソコンを買い替えるサインかもしれません。

8GBメモリを搭載したパソコンで動画視聴や軽い写真編集はできても、ゲームや映像編集とかになると性能不足になってしまうこともあります。

当然ですが、ソフトウェアやアプリケーションを動かすのに必要な最小要件を下回ると、ソフトが正常に動作することができません。

また、お使いのパソコンの性能がソフトの推奨環境を下回っている場合、ソフトが快適に動作しないケースも多いです。

パソコンの性能不足を感じた場合は、スペックの高いパソコンを買い替えることも検討しましょう。

OSにおける寿命

パソコン本体や性能に問題が無くても、OSのサポート終了がパソコンの寿命として扱われることもあります。

LinuxやChrome OS Flexなどの無料OSを導入して、パソコンが壊れるまで使い続ける手もありますが、なるべく新しいOSが搭載されているパソコンに買い替えた方が良いです。

Windowsのサポート期間

Windowsのサポート期間は以下の通りです。

Windows8.1・・・2023年1月10日で延長サポート終了

Windows10・・・2025年10月14日で延長サポート終了

Windowsには最低5年間のメインストリームサポートと、最低5年間の延長サポートがあります。

この延長サポートが終了すると、Windows Updateから新たな更新プログラムを受けることができなくなります。

また、延長サポートが終了したWindowsはセキュリティ上のリスクも非常に高くなるため、最新のWindowsを搭載した新しいパソコンに乗り換えることをオススメします。

Mac(macOS)のサポート期間

macOSのサポート期間は、公式では公表されていません。

一方、Mac本体の該当モデルが生産終了してから5年経過すると「ビンテージ製品」として扱われ、

  • OSやアプリケーションなどのアップデート
  • Apple Storeや正規サービスプロパイダでの修理対応

などの公式サポートを受けることができなくなります。

そのため、Mac本体の製品が製造終了してから5年経過した時点で、事実上のサポート終了として扱われることが多いです。

※MacBookのみ例外で、バッテリーの修理に限り、最大10年間まで修理の対応ができる場合があります。

古いパソコンの処分方法は?

古いパソコンを処分する方法は、

  • 家電量販店やメーカー直販などの下取りサービスを利用する
  • リサイクルショップやフリマアプリなどで売却する
  • PCリサイクルや小型家電リサイクルとして回収に出す

以上の3通りがあります。

注意点

古いパソコンを処分する前に、パソコンに入っているデータは、必ずデータ消去ソフトで完全に削除するようにしましょう。

>>パソコンを処分する前にデータを消去する方法【初心者でもわかる】

家電量販店やメーカー直販などの下取りサービスを利用する

家電量販店やメーカー直販などで新しいパソコンを購入する場合、古いパソコンを下取りで出すことができます。

古いパソコンを下取りすることで、新しいパソコンの購入費用を割引してくれる場合もありますので、まずは家電量販店やメーカー直販の公式サイトにて確認しておきましょう。

リサイクルショップやフリマアプリなどで売却する

まだパソコンが正常に動く場合は、リサイクルショップやフリマアプリなどで売却することもできます。

>>パソコンを買取する方法【初心者でもわかる】

PCリサイクルや小型家電リサイクルとして回収に出す

パソコンは燃えないゴミとして出すことができません。

そのため、古くなったパソコンを処分したい場合は、

  • 「PCリサイクル」として古いパソコンを回収に出す
  • 自治体や民間企業が実施している小型家電リサイクルとして処分する

上記2つの方法でパソコンの回収に出すことになります。

自治体によっては小型家電リサイクルによるパソコンの回収を実施していない場合もありますので、自治体に問い合わせるか、公式サイトにて事前に確認しておきましょう。

まとめ

パソコンの寿命は以下の3つです。

部品における寿命・・・パソコンの部品の故障による場合

性能における寿命・・・ソフトを動かすのに必要な環境を下回った場合

OSにおける寿命・・・OSのサポートが終了した時

以上のような状況になった場合は、パソコンの買い替えのタイミングとなります。

パソコンが突然壊れたり、使えなくなったりして泣き寝入りする前に、新しいパソコンの買い替えを計画的に行うようにしましょう。

スポンサーリンク