当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

PCの外部GPU(グラフィックボード)は必要?【ゲーム・クリエイティブ制作目的なら検討あり】

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線
口コミ用キャラクターアイコン

パソコンに外部GPUは必要なのかな?

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ゲーム・本格的なクリエイティブ制作目的であれば、外部GPUは必要になるよ。

というわけで、今回は「パソコンのGPUの基礎知識と外部GPUの必要性」について解説していきます。

まず、結論から言えば、

  • ネット閲覧・Officeソフトでの作業などの目的・・・外部GPUは不要
  • 3Dゲームで遊ぶ・クリエイティブ制作がメイン・・・外部GPUが必要
  • パソコン上の画面を複数のモニターで表示する・・・目的によっては外部GPUが必要

ということになります。

GPUとは

GPU(Graphic Processing Unit)とは、パソコンの映像に表示されるゲームや動画などの画像処理を専門に行っているパーツ部分です。別名、グラフィックボード、ビデオカードとも呼ばれます。

かつてはマザーボードにGPUが搭載されていたことが多くありましたが、現在は「CPU内蔵GPU」と「外部GPU」が主流です。

GPUに関する用語

GPUに関する用語を簡単に解説します。

GPUの型番

シリーズ名の後に続く数値を含めた名称が、その製品の型番として扱われます。

基本的には、型番の数値が大きいほど性能が高くなります。

GPUのスペック

コア数演算処理を行う「コア」部分のこと。
コアの数が多いほど一度に多くの処理を行うことができる。
クロック数そのCPUのデータ処理速度の値を表す。
メモリ容量GPUに搭載されているメモリの容量のこと。
基本的にメモリ容量が大きいほど、処理能力が高い。
メモリのクロック数メモリの処理速度の値。
基本的に値が高いほど、処理にかかる時間が短くなる。
出力端子そのGPUが対応しているディスプレイの端子のこと。

GPUとCPUの違い

GPUとCPUの違いは以下の通りです。

CPU主にOS・ソフトウェアなどから指示を受けた演算処理を行う部品。
GPU主にグラフィックス処理を行う部品。

GPUの種類

GPUの種類は、大まかにいうと「CPU内蔵GPU」と「外部GPU」に分かれます。

その2つの違いは、以下の通りです。

CPU内蔵GPUCPUに内蔵しているGPUのこと。
外部GPU
(別名:dGPU)
専用のビデオカードを搭載したGPUのこと。
基本的にCPU内蔵GPUより性能が高い。

外部GPUには、さらに「ゲーム向けGPU」「クリエイター向けGPU」の2種類に分かれます。

ゲーム向けGPU
(GeForce/Radeon)
主にゲームソフト用に最適化された外部GPU。
多くの3Dゲームソフトや画像・動画編集ソフトにも対応しているので、ゲームはもちろん、クリエイティブ用途にも性能を十分発揮できる。
クリエイター向けGPU
(Quadro/FirePro)
画像・動画編集用ソフトに最適化された外部GPU。
性能が十分であればゲーム用途にも使えるが、GPU本来の性能を発揮できない場合がある。
また、ゲーム向けGPUより価格が高い。
ただし、クリエイター向けGPUしか対応していない画像・動画編集ソフトを使う場合は、クリエイター向けGPUを選んだほうが良い。

GPUを搭載するメリット・デメリット

GPUを搭載する主なメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットモニター上に高解像度で表示できる。
複数画面のモニターでも高解像度で出力できる。
ゲーム・画像編集ソフトの動作が快適になる。
デメリットパソコン本体の価格が高くなる。
発熱量・消費電力が多くなる。
動作音が大きい。

外部GPUの必要性は?

以上の基礎知識とGPUを搭載するメリット・デメリットについてまとめました。

ゲームや動画編集でよくパソコンを使う場合は外部GPUの効果が発揮しますが、パソコン本体が高くなるうえ、消費電力も多くなるなどのデメリットもあります。

そのため、

  • インターネット閲覧
  • Officeソフトを使った作業
  • 動画の視聴

であれば、CPU内蔵GPUだけで十分です。

ちなみに、外部GPUが必要な場面は以下の通りです。

  • 3Dゲームで遊ぶ
  • 画像・動画などのクリエイティブ制作

3Dゲームで遊ぶ

外部GPUはCPU内蔵GPUより性能が高いため、多くの3Dゲーム作品においても動作確認済み環境部分に外部GPUが記載されています。

そのため、たくさんの3Dゲームを遊ぶ機会が多い場合は、外部GPUを選んだほうが良いです。

画像・動画などのクリエイティブ制作

画像・動画編集ソフトの種類にもよりますが、一部機能は外部GPUが必要になる場合もありますので、そういった機能を使うのであれば外部GPUを選んだほうが良いです。

また、OpenGLベースの画像・動画編集ソフトでは外部GPUを推奨していることが多いので、一般的なゲーム向けGPUでも十分性能を発揮できます。

ただし、複数のディスプレイ画面で作業する場合になると、クリエイター向けGPUの方が良い場合もありますので、よく考えてから選ぶようにしましょう。

ノートPCで外付けGPUを接続する場合は?

ノートパソコン向け外部GPUの性能は、基本的にデスクトップパソコン向け外部GPUより低いです。

また、ノートパソコン購入後にGPUの交換や増設ができない場合も多いです。

そのため、後からノートパソコンに外部GPUを取り付けたい場合は、外付けのGPUで接続することになります。

ただし、ノートパソコンに外付けGPUを接続するには、お使いのノートパソコンがThunderbolt3またはThunderbolt4に対応していることが必要となります。

まとめ

というわけで、今回は「パソコンのGPUの基礎知識と外部GPUの必要性」について解説しました。

GPUは主にグラフィック処理を担うパソコンのパーツであり、一般的には「CPU内蔵GPU」と「外部GPU」に分かれます。

外部GPUは、

  • グラフィック処理の性能がCPU内蔵GPUより高い
  • 発熱量や消費電力量が多い
  • GPU単体の価格が高い

という点があります。

普段使いであればCPU内蔵GPUでも事足りますが、ゲームやクリエイティブ制作が目的の場合は外部GPUが必要になることもあります。

メリット・デメリットを考慮した上で、GPUを選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました