アイキャッチ画像

基本的には、GIMPの機能だけでも画像にウォーターマークを入れることができます。しかし、画像を開いて、いちいちウォーターマーク用の画像をペタペタと貼り付ける、という作業はとても面倒ですよね。

そこで、今回は「BIMPプラグインのバッチ機能を使い、画像にウォーターマークを簡単に入れる方法」について解説していきます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

複数枚の画像を一気に加工することができるので、とても便利だよ!

ウォーターマークとは?

その作品が著作者の持ち主であることを示すマークの事。要するに、著作権保護のために入れる図や文字。

BIMPをダウンロードする

※既にBIMPをダウンロードした方は読み飛ばしても構いません。

1.まず、以下のサイトからBIMPをダウンロードします。

BIMPダウンロード画面

2.ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストーラを開きます。

Windows10 フォルダ画面

3.「Next」をクリックします。

BIMP インストーラ画面

4.ライセンスをよく読み、「I Agree(同意する)」をクリックすると、インストールが始まります。

BIMP インストーラ画面

5.インストール完了後、「Next」をクリックします。

BIMP インストーラ画面

6.「Close」をクリックします。

BIMP インストーラ画面

BIMPで画像にウォーターマークを入れる方法

GIMPを起動し、「ファイル」→「Batch Image Mainpulation Plugin」をクリックします。

GIMP

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面が表示されます。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

「Add」をクリックし、「透かし(ウォーターマーク)」をクリックします。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

ウォーターマークは、文字または画像を入れることができます。試しに、文字を使って画像にウォーターマークを入れてみましょう。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

フォントサイズは72、エッジ部分は25px、右下の位置にウォーターマークを入れてみます。

設定したら、「OK」をクリックします。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

「画像を追加」から、好きな画像を選択します。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

「Apply」をクリックすると、ファイルの処理が始まります。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

「すべてのファイルの処理が終了しました。」と表示されたら、完了です。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

▼以下のようにウォーターマークが挿入されました。

金魚の画像

同様の手順で、今度は文字の代わりに画像を入れてみます。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

画像サイズは幅25%に縮小し、不透明度を70%、エッジ部分は25px、右下の位置にウォーターマークを入れてみました。

「OK」をクリックし、先ほどと同様に「Apply」をクリックして実行します。

「Batch Image Mainpulation Plugin」画面

▼以下のようにウォーターマークが挿入されました。

金魚の画像

まとめ

というわけで、今回は「BIMPプラグインのバッチ機能を使い、画像にウォーターマークを簡単に入れる方法」について解説しました。

BIMPを使うことで、ウォーターマークを簡単に入れることができます。もちろん、無料で使えるので、コストがかからなくて済みます。

フォントの色やサイズ、種類などは、画像のサイズや内容に合わせて調整してくださいね。

スポンサーリンク