アイキャッチ画像

2020年9月の某日。ちょうどAdobe CCの契約期間が切れるため、この機にAdobe CCを解約しました。その理由について書いていきます。

私がAdobe CCを解約した理由

私がAdobe CCを解約した理由は、以下の2つです。

  • 価格が高いから
  • 主にブログ活動を中心に行っているから

価格が高いから

Adobe CCでは、学生の間であれば学割で安く買うことができます。契約期間内に学生では無くなった後も、契約が満了する日まで使い続けることはできますが、次回以降の継続時に学割が適用されないので、通常のコンプリートプランで支払う必要があります。

このため、DTP以外の仕事に勤めている方の場合は、価格が高く感じてしまうことがあるからです。

主にブログ活動を中心に行っているから

また、ブログやSNSで使う画像を作成している方の場合、Adobe CC以外のソフトを使っている方も多いです。

DTPの制作品の場合、納品ファイルが指定されていることが多いですが、ブログやSNSを中心に活動している場合は、代替ソフトを使った方がお得になります。

私も、以下のソフトで画像加工やアイキャッチ画像の作成をしています。

  • GIMP
  • Affinity Designer

Adobe CCを解約するには?

Adobe CCを解約する場合は、以下の公式サイトを手順に行います。

注意点

年間プランの月々払いで契約している場合は、途中で解約すると解約金が発生します。

ネット上では「解約金なしでAdobe CCを解約する裏技」というのもありますが、正規以外での方法で解約した場合、利用規約に違反する可能性もありますので、正規の方法で解約しましょう。

Adobe CCを解約した後も使える無料アプリ

Adobe CCを解約した後も、以下のアプリを無料で使うことができます。※一部機能に制限があります。

  • Adobe XD
  • Premiere Rush
  • Adobe Spark
  • Adobe Fresco
  • Adobe Aero
  • デスクトップアプリ体験版

まとめ

というわけで、今回は「Adobe CCを解約した理由」について書きました。

Adobe CCは高機能で便利なソフトですが、価格が高いなどのデメリットもあります。ですが、私自身はAdobe CCを使って良かったと感じますし、解約した後も「Adobeソフトが無いと困る」という事は、今のところありません。

今回の記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク