アイキャッチ画像

Adobeソフト『Photoshop』『Illustrator』などを利用している方は非常に多いですが、

口コミ用キャラクターアイコン

使いやすいけど、ソフトが高い><

口コミ用キャラクターアイコン

買い切りでもいいから、安いソフトは無いの?

と思う方も多いですよね。

そこで、今回は「Adobeソフト代わりに使える!買い切り型有料代替ソフト」を簡単に解説します。

なお、「Adobeソフトが本当に必要かどうか」「代替ソフトのメリット・デメリット」については、以下の記事で詳しくまとめていますので、参考までにどうぞ。

買い切りで使える有料代替ソフト

Photoshop代わりになる買い切りソフト

Affinity Photo

Affinity Photo 画面
価格6100円
無料体験版の有無あり

『Affinity Photo』は、Serif社が開発・販売している画像編集ソフトです。本家のPhotoshopと同等の機能を持った画像編集を行うことができ、また動作も早いので、スペックがやや低いパソコンでも難なく操作できます。

また、WindowsやMacOSの他、iPadでも使うことができるので、いつでもどこでも画像編集することができます。

Illustrator代わりになる買い切りソフト

Affinity Designer

Affinity Designer画面
価格6100円
無料体験版の有無あり

こちらも、『Affinity Photo』と同様にSerif社が開発・販売しているドローソフトです。『Affinity Photo』と同様に、イラレ並みの機能を持った編集機能が搭載されているので、イラストレーションやアイコンの作成に便利です。

こちらもWindows・MacOSの他にiPad版もあるので、場所を選ばずに編集できます。

InDesign代わりになる買い切りソフト

Affinity Publisher

価格6100円
無料体験版の有無あり

これも、Serif社が開発・販売しているDTP向けのソフトです。書籍や雑誌などのレイアウトを編集することができるので、イメージとしてはInDesignに近いですね。

また、EPS形式のファイルを使うこともできます。

Premiere Pro・After Effects代わりになる買い切りソフト

DaVinci Resolve Studio

『DaVinci Resolve Studio』(価格:33,980円)では、無料版(『DaVinci Resolve』)の機能に加えて、以下の機能も使えるようになります。

  • HDR画質・4K以上などの高解像度の動画編集
  • 複数ユーザーと共同で編集できる機能
  • FairlightFX機能に加え、ResolveFX機能が使える
  • XAVCコーデックでの読み書き
  • 電話、およびメールでのサポート

…etc.

まとめ

今回は、有料の買い切り型代替ソフトをご紹介しました。

いずれもAdobeソフトより少し安く買うことができるので、できるだけコストを抑えたい方や、ブログ運営の方には便利です。

ただし、Affinityシリーズのソフトでは、日本語の縦書きフォントが対応していないことと、フォントの順番がバラバラである、ということがデメリットとなっています。とはいえ、縦書きのフォントを使わないようであれば、あまり気にしなくても良いでしょう。

ただ、DTPの仕事関連などでは、まだまだAdobe製品を使う企業が多く、またAdobeソフトのアップデートによって、代替ソフトには無い機能が追加されることもあります。

そのことも踏まえて、メインで使うか、サブのソフトとして使うかどうかを見極めながら、導入を検討していきましょう。

無料の代替ソフトを探している方は、以下の記事をお読みください。

スポンサーリンク