PCキーボードのテンキーは必要?それとも不要?

パソコンやキーボードを買い替える際、気になるのが「テンキー」の有無。

皆さんは、パソコンのキーボードにある「テンキー」は必要だと感じますか?

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

私はテンキー付きキーボードと、テンキーレスのノートパソコンを両方使っているよ。

テンキー付きキーボードのメリット・デメリット

PCキーボードの画像

メリット

  • 数字入力がしやすくなる

デメリット

  • キーボードを置くスペースが余計に取られてしまう(つまり、机のスペースが少し無駄になる)

テンキーレスキーボードのメリット・デメリット

メリット

  • キーボードの設置スペースがあまり取らない

デメリット

  • 数字入力がやりづらい
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

う~ん、正直言っても一長一短はあるんだよね・・・。

テンキーが必要かどうかは、以下で判断しよう

キーボードにテンキーが必要かどうかは、以下の用途で判断することができます。

テンキーが必要な場合

  • 文章作成や数字入力など、事務的な仕事が多い

テンキーが無くても大丈夫な場合

  • オンラインゲームなどで遊ぶ
  • メールやSNS、動画を利用する

ノートパソコンの場合

ノートパソコンの場合、テンキー無しの製品が多いです。

テンキー付きのノートパソコンが販売されているメーカーもありますが、テンキー無しのノートパソコンより少し高いので、外付けテンキーを導入した方がオススメです。

また、無料ソフト『AutoHotKey』で一部キーをテンキーとして置き換えすることで、外付けテンキーが無くても使うことができます。

まとめ

というわけで、今回は「パソコンのキーボードのテンキーは必要か」について解説しました。

パソコンのキーボードに付いているテンキーは必要ではないかと思いがちですが、元々テンキーは数字入力するためのものなので、Excelなどで計算の仕事をする場合はかかせません。

一方、オンラインゲームのプレイ中にキーボードとマウスの操作がしづらいということや、キーボードが大きくてスペースを取られてしまうこともあり、あえてテンキーレスキーボードを選択する方も多いです。

パソコンを使う用途によって、テンキーの有無も変わっていきます。また、普段はテンキーを使わなくても、後々転職などでキーボードにテンキーが必要になる場合があります。

テンキー付きのキーボードと、テンキーレスキーボードは、それぞれ一長一短ありますので、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク