【Windows】回復ドライブの作成方法!作成できない時の原因も解説します

パソコンに問題が発生した場合、購入したパソコンのインストールメディアがあればそれを使って初期化することができます。

しかし、インストールメディアが無い場合は、自分で回復ドライブを作成する必要があります。

今回は「Windowsの回復ドライブの作成方法」を中心に、分かりやすく解説していきます。

回復ドライブとは

回復ドライブとは、何らかのトラブルが原因でパソコンが動かなくなった時に、Windowsを初期化する情報を入れておくデータのことです。

パソコンがフリーズする、パソコンが起動しない際に、あらかじめ作成した回復ドライブを使うことで、工場出荷時に近い状態でデータを戻すことができます。

回復ドライブを作成するタイミング

回復ドライブを作成するタイミングは、

  • パソコンの初期設定を済ませた直後

となります。

なお、パソコンを長く使い続ける場合、1年に1回は回復ドライブを作り直すこともオススメします。

回復ドライブ作成時の注意点

回復ドライブを作成するにあたって、注意点は3つあります。

  • 64GB以上のUSBメモリで作成する
  • USBメモリ内のデータは事前にバックアップを取る
  • 回復ドライブ作成中は電源を切ったり、スリープに移行したりしない

64GB以上のUSBメモリで作成する

回復ドライブの作成には、32GB以上の空き容量のあるUSBメモリが必要です。

そのため、回復ドライブ用USBメモリは、必ず64GB以上のUSBメモリを使うようにしてください。

USBメモリ内のデータは事前にバックアップを取る

回復ドライブとして作成されたUSBメモリは、回復ドライブ作成前に入っていたUSBメモリ内のデータは全て消えます。

そのため、データはパソコンや外付けHDDなどに事前バックアップするようにしましょう。

回復ドライブ作成中は電源を切ったり、スリープに移行したりしない

回復ドライブの作成に失敗する原因にもなります。

回復ドライブ作成前にはスリープの設定を無効化することはもちろんのこと、途中でパソコンの電源が切れないように、コンセントを繋いだ状態で回復ドライブを作成するようにしてください。

回復ドライブの作成手順

※Windows11における手順となります。他のOSでは手順が異なる場合があります。

1.「スタート」→「全てのアプリ」→「Windows ツール」の順にクリックします。

2.「コントロール パネル」をクリックします。

Windows11 Windowsツール

3.「システムとセキュリティ」をクリックします。

Windows11 コントロールパネル

4.「セキュリティとメンテナンス」をクリックします。

Windows11 コントロールパネル

5.「回復」をクリックします。

Windows11 コントロールパネル

6.「回復ドライブの作成」をクリックします。

Windows11 コントロールパネル

7.「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックマークを入れ、「次へ」をクリックします。

Windows11 回復ドライブ作成画面

8.USBメモリを接続し、使用可能なドライブにUSBメモリのラベルが表示されていることを確認してから、「次へ」をクリックします。

Windows11 回復ドライブ作成画面

9.「作成」をクリックします。

Windows11 回復ドライブ作成画面

10.回復ドライブが作成されますので、しばらく待ちます。

Windows11 回復ドライブ作成画面

11.「回復ドライブの準備ができました」と表示されたら「完了」をクリックします。

Windows11 回復ドライブ作成完了画面

12.USBメモリを取り外したら、回復ドライブの作成は完了です。

回復ドライブ作成に失敗する場合

回復ドライブの作成ができない場合は、以下が原因であることが多いです。

  • USBメモリの容量不足(32GBのUSBメモリでもダメ)
  • Windows Updateの更新が完了していない
  • 常駐ソフトによる起動
  • セキュリティソフトが起動している
  • USBメモリが壊れている
  • OSのシステムファイルが壊れている

USBメモリの容量不足

USBメモリの容量が足りないと、回復ドライブの作成ができません。

32GBのUSBメモリでも、実際の容量は製品で表記されている容量より少ないため、必ず64GB以上のUSBメモリで回復ドライブを作成すると成功しやすいです。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

実際、私も32GBのUSBメモリで回復ドライブの作成ができなかった。。。

Windows Updateの更新が完了していない

Windows Updateにて更新作業中、もしくは更新完了に再起動が必要な状態である場合で、回復ドライブの作成ができないことがあります。

更新中に再起動が必要である場合は、一旦再起動してWindowsの更新を済ませてから再度回復ドライブの作成をお試しください。

セキュリティソフトなどの常駐ソフトが起動している

セキュリティソフトなどの常駐ソフトが起動していると、常駐ソフトとの競合が原因で回復ドライブの作成に失敗することもあります。

回復ドライブの作成する前に、一時的に常駐ソフトを停止するなどをして、回復ドライブの作成ができるかどうかお試しください。

USBメモリが壊れている

回復ドライブの作成ができず、かつ他のパソコンにUSBメモリを接続しても認識しない・読み書きができない場合は、USBメモリの本体が壊れている可能性があります。

新しいUSBメモリに買い替えて、回復ドライブの作成ができるかどうか試してみてください。

OSのシステムファイルが壊れている

USBメモリ自体は認識するが、回復ドライブの作成ができない場合は、OSのシステムファイルが壊れている可能性があります。

その場合は、OSを工場出荷時の状態まで初期化することで解決できる場合がありますので、一度パソコンのOSを初期化してから回復ドライブの作成ができるかどうかもお試しください。

※OSを初期化すると、パソコン内のデータは全て消えますので、初期化する前にデータのバックアップは取っておいてください。

まとめ

というわけで、今回は「Windowsの回復ドライブの作成方法」などについて解説しました。

新しくパソコンを買ったら、予期せぬトラブルに備えて回復ドライブを作成しておきましょう。

スポンサーリンク