アイキャッチ画像

パソコンに保存されていた大切なデータが、ある日突然消えたら困りますよね。今回は、「パソコンに入っているテータのバックアップの方法」をわかりやすく解説します。

大切なデータを失ってからでは遅い!

パソコンの故障や、誤ってデータを削除・上書きしてしまった、などが原因で、大切なデータが消えてしまうことがあります。

データが消えてしまうことを防ぐ方法は、2か所以上にデータを保存することです。万が一パソコンが故障してもバックアップしたデータが使えることになります。

注意点

一度バックアップしてもデータは増えますので、重要なものはその都度、定期的にバックアップが重要です。

バックアップ保存場所

  • 外付けハードデスク(スタンダードタイプ・ポータブル)
  • 光メディア(CD/DVD/BD)
  • USBメモリ
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

最近は、安価で大容量の外付けHDDやUSBメモリが増えてきたので、手軽に手に入れやすくなったよ。

注意点

バックアップを行ったメディア(HDD 、USB)を、パソコンと一緒に持ち歩かないようにしましょう。

どちらも紛失し、データが消失することになります。

また情報漏洩となりますので、データを持ち出す場合は注意が必要です。

バックアップをおすすめするデータ

私が「バックアップをおすすめするデータ」は以下の通りです。

  • 写真
  • 住所録
  • 自分で作成した重要ファイル
  • 作品・仕事関係のファイル
  • OS・ソフトウェアのデータ

日常的にバックアップを行う

更新したデータは、パソコン内部だけでなく、USBメモリなどの外部ストレージにバックアップを取っておきましょう。こうすることで、データが消えてしまうことを防ぎます。

また、パソコンのバックアップ機能を使えば、パソコン側が定期的にデータのバックアップを取ってくれます。

パソコンのバックアップ機能を使う

「忙しくて、パソコンのデータをバックアップする時間がない」という場合は、パソコンのバックアップ機能を使うとオススメです。

Windows10の場合

Windows10では、標準機能の1つである「バックアップ」機能があります。

設定方法

  1. 「設定」から「更新とセキュリティ」をクリック。
  2. 「更新とセキュリティ」のサイドメニューから「バックアップ」をクリック。
  3. 「ドライブの追加」をクリックする。
  4. データのバックアップ先の機器(メディア)を選択する。
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

バックアップのオプション設定で、保存する期間の指定や、バックアップを保持する時の設定を変更することができるよ。

Macの場合

Macの場合は、「Time Machine」で全てのデータをバックアップすることができます。

写真や重要なデータだけを保存したい場合は、「iCloud」「iCloud Drive」を使ってバックアップを取ることができます。

なお、「iCloud Drive」に保存したデータは、iPhoneやiPadなどの端末にアクセスできるので、別の場所で作業したい場合はそちらをオススメします。

まとめ

大切なデータを失ってしまうと、後で取り返しがつかないほど後悔してしまいます。そうならない為に、日頃からデータのバックアップをする習慣を身につけておきましょう。

スポンサーリンク