アイキャッチ画像

パソコンやスマホの容量不足対策や、端末の故障に備えてデータのバックアップを取っておく方は多いですよね。

でも、

口コミ用キャラクターアイコン

どのストレージに保管した方がいいの?

と悩んでいる方も。

今回は、「パソコン・スマホに保存したデータのバックアップ先となる外部ストレージの一長一短」について解説していきます。

主な外部ストレージ

パソコンデータのバックアップ先の主な外部ストレージは以下の通りです。

  • 外付けHDD
  • NAS
  • USBメモリ
  • DVD・ブルーレイディスク
  • M-DISC
  • オンラインストレージ(クラウドストレージ)
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

これらの外部ストレージには、それぞれメリット・デメリットがあるよ。次の項目から解説していくね。

外付けHDD

据え置き型外付けハードディスク

メリット

  • 安価で購入できる
  • 容量が大きい

デメリット

  • 寿命が短い(3~4年)
  • 落下時に故障する可能性がある
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

外付けHDDの基礎知識・HDDの寿命を延ばす方法については、下記の記事をそれぞれ読んでね!

NAS

メリット

  • 複数のデバイスからアクセスすることができる
  • パソコンが無くても、写真の管理ができる
  • メインから予備のNASに自動でバックアップすることができる
  • RAID1機能を使うことで、1度で1つのデータを複数のHDDに保存できる

デメリット

  • インターネットへの接続が必要
  • 寿命が短い(3~4年)
  • 落下時に故障する可能性がある

NAS(別名:ネットワークHDD)とは、ネットワーク経由でデータのやり取りができる外部ストレージです。

外付けHDDのようにデータを保存する他、

  • 複数のパソコンやスマホにアクセスできる
  • 写真や音楽の管理をすることができる
  • パソコンが無くても、写真をアルバムにまとめることができる

等の特徴があります。

USBメモリ

USBメモリ

メリット

  • 持ち運びができる

デメリット

  • 寿命が短い(平均で5年くらい)
  • 長期間保管しているとデータが消える可能性がある
  • 容量が大きい物では価格が高い

USBメモリは取り外しが簡単で持ち運びができる反面、長期間使っていないと自然とデータが消えてしまうデメリットがあります。

そのため、あくまでも緊急時の一時的なデータ保存として考えると良いです。

DVD・ブルーレイディスク

DVD・ブルーレイディスクのイラスト

メリット

  • 持ち運びができる

デメリット

  • 保存までの時間がHDDなどと比べると遅い
  • 複数枚だと管理がバラバラになりやすい
  • 容量が少ない
  • ブルーレイディスクの場合は対応ドライブが必要
  • 傷やホコリ、湿気、熱に弱い

DVD/ブルーレイディスクの寿命は?

メーカーやディスクの保管状態によって左右されることが多いので一概には言えませんが、DVDやブルーレイディスクの寿命は約10年と言われています。

M-DISC

M-DISCのイラスト

メリット

  • 持ち運びができる
  • 寿命が非常に長い(理論上では100年以上保管できる)
  • 汚れや傷、高温、湿度、紫外線に強い

デメリット

  • 保存までの時間がHDDなどと比べると遅い
  • 複数枚だと管理がバラバラになりやすい
  • 書き込み時はM-DISK対応ドライブが必要

M-DISCとは、アメリカのMillenniata社が開発した光ディスクです。

簡単に言えば、「長期間保存目的のために、耐久性を非常に高めたDVD/ブルーレイディスク」のことです。

従来の光ディスクの弱点である高温や湿度、紫外線にも耐えることができるので、写真などの大切なデータを残しておきたい時に使うことができます。

オンラインストレージ(クラウドストレージ)

見出し画像

メリット

  • 操作が簡単
  • 複数デバイスからデータのバックアップができる
  • 停電や地震などの災害時でもデータが消失しない

デメリット

  • サブスクリプション制サービスが多く、長期間利用時はコスパが悪くなる
  • セキュリティ上のリスク
  • サーバー障害等によるデータ消失

オンラインストレージ(クラウドストレージ)は、外部サーバーにデータを預けるので、HDDやNAS等の外部ストレージを置く場所が無い方でも気軽にデータをバックアップすることができます。

その反面、長期間使用となると毎月お金を払わなければならなくなる等のデメリットがあるので、コスパ的にも悪くなります。


とはいえ、実はオンラインストレージにも市販ソフトと同様に「買い切り型」サービスがあります。

それは、『pCloud』 のLIFETIMEプランです。

『pCloud』では、月額サブスクリプション型のANNUALプランの他に、一回買い切り型のLIFETIMEプランがあります。

LIFETIMEプランでは、最大2TBのストレージを1回で購入することができるので、家族写真などの大切なデータをたっぷりとバックアップすることができます。

もちろん買い切り型なので、長期間オンラインストレージを使用する方はコスパ抜群です!

さらに、単にデータのバックアップを取るだけでなく、

  • アップロード先・ダウンロード先の共有
  • PCスクショを自動的にアップする機能
  • スマホのカメラ機能で撮った画像・動画を自動アップロードする機能
  • PC・スマホの専用アプリから操作ができる

等の機能が使えます。

可能であれば2か所以上保存しよう

今回はパソコンやスマホに保存したデータのバックアップ先となる外部ストレージを紹介しましたが、最も大切なのは「2か所以上の外部ストレージにバックアップを取っておく」ことです。

1台のHDDだけでバックアップしても、万が一HDDが故障してしまうと、大切なデータが失う可能性が高くなります。

そこで、通常は外付けHDDにバックアップデータを入れ、万が一の時に備えてブルーレイディスクやオンラインストレージにも同じバックアップデータを入れておけば、HDDが故障してもデータ消失を防ぐことができます。


というわけで、今回は「パソコン・スマホに保存したデータのバックアップ先となる外部ストレージの一長一短」について解説しました。

どの外部ストレージにもメリット・デメリットがありますので、できれば複数の外部ストレージにバックアップした方がオススメです。

スポンサーリンク