スマホ2台持ちのメリット/デメリットは?用途も合わせて解説します
口コミ用キャラクターアイコン

スマホで長時間動画見たらバッテリーが切れた!充電しなきゃ・・・。

口コミ用キャラクターアイコン

スマホ1台だけで仕事とプライベートで使い分けられるか心配・・・。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

そのお悩み、「スマホ2台持ち」の方がオススメかも?

というわけで、今回は「スマホ2台持ちのメリット/デメリット」と、「スマホ2台持ちの用途」について解説していきます。

このような方は「スマホ2台持ち」がオススメ
  • 仕事とプライベートで使い分けたい
  • スマホのバッテリーやデータ通信量が気になる
  • 容量を気にせず写真・動画撮影をしたい

スマホ2台持ちのメリット/デメリット

まずは、「スマホを2台持つメリット・デメリット」について解説します。

メリット

  • 用途に応じた使い分けができる
  • バッテリー切れを気にせず使える

スマホ2台持ちであれば、データ用や通話用のように用途に合った使い分けができます。

また片方のスマホを娯楽用として使うことで、バッテリー切れを気にせずスマホを使うこともできます。

デメリット

  • 持ち運びしにくくなる
  • 2台分のスマホ代がかかる

スマホ2台持ちだと持ち運びしにくい場合もあるほか、端末によっては新たに充電器が必要になる場合もあります。

また、「2台分のスマホ代がかかる」というのもデメリットです。

どうしても2台分のスマホ代が気になる場合は、

  • 片方もしくは両方を格安SIMにする
  • 片方のスマホだけ、かけ放題プランにする
  • 片方のスマホをテザリング専用にする
  • デュアルSIMにする

などで、スマホ代を抑えることも考えておきましょう。

スマホ2台持ちの用途例

スマホ2台持ちの用途例は、主に以下の通りです。

  • 通話用×データ通信用
  • SNS・動画用×電話・メール用
  • 2台目をテザリングにする

1台を通話用、もう1台をデータ通信のみとして使い分けるのはもちろん、2台目をテザリング機能のみとして、1台のスマホだけでデータ通信を節約する方法もあります。

また、iPhoneとAndroidを1台ずつ持つことで、iOS(またはAndroid)でしか対応していないアプリやサービスを使いたい場合も利便性が高くなります。

ただし、端末によっては使いたい機能が使えない場合や、携帯電話会社のプランによってはデータ容量の上限や通信制限にかかる場合もありますので、注意しておくようにしましょう。

まとめ

今回は「スマホ2台持ちのメリット/デメリット」と、「スマホ2台持ちの用途」について解説しました。

スマホ2台持ちでは、スマホを1台だけで使うよりメリットがたくさんあります。

口コミ用キャラクターアイコン

仕事用とプライベート用で使い分けたい!

口コミ用キャラクターアイコン

バッテリーや容量などの面で気になる・・・。

という方は、今回の記事を参考になれば幸いです。

スポンサーリンク