ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効化する方法
口コミ用キャラクターアイコン

ブラウザでWebサイトの閲覧やオンラインゲームを遊んでいたら、パソコンの動作が重たくなった・・・。

こんな経験、ありませんか?

ブラウザのハードウェアアクセラレーション機能が原因で動作が重くなる・フリーズする場合は、ハードウェアアクセラレーションを無効にすることで改善することができます。

今回は「ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効化する方法」について解説していきます。

ハードウェアアクセラレーションを無効にする理由

ハードウェアアクセラレーションとは、主に画像や映像などにおいて、CPUの代わりにGPUに処理を行うことにより、CPUによる負荷を減らす機能です。

ゲーミングパソコンやクリエイター向けのパソコンではGPUが搭載されているものがありますが、一般向けのパソコンのほとんどはGPUが搭載されていない、仮に搭載されていてもGPUを内蔵したCPUが多いのが基本的です。

そのため、GPUが搭載されていないパソコンで「ハードウェアアクセラレーション」を有効化した場合、

  • アプリケーションの動作が遅くなる・強制終了する
  • パソコンがフリーズする

などの不具合が起きることがあります。

ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効にする方法

一般にWebサイトの閲覧やオフィスソフトを使用するだけなら、ハードウェアアクセラレーションを無効化する必要はありません。

しかし、一部のWebサイトやゲームにおいてハードウェアアクセラレーションを有効化している際、動作が重くなる・フリーズする場合は、ハードウェアアクセラレーションを無効化しておきましょう。

Microsoft Edge

1.メニューマーク→「設定」をクリックします。

Microsoft Edgeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法1

2.「システム」をクリックします。

Microsoft Edgeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法2

3.「使用可能な場合はハードウェア アクセラレータを使用する」をOFFに設定します。

Microsoft Edgeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法3

4.「再起動」をクリックし、ブラウザを再起動したら完了です。

Microsoft Edgeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法4

Firefox

注意点

ブラウザの仕様上、「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」をOFFにしても、「再起動」ボタンは表示されません!

必ず、閉じるボタン(×印のボタン)をクリックするか、ハンバーガーメニューボタン→「終了」をクリックし、一旦ブラウザを終了してから再起動してください。

1.ハンバーガーメニューアイコン→「オプション」をクリックします。

Firefoxでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法1

2.「パフォーマンス」設定項目まで下にスクロールし、「推奨のパフォーマンス設定を使用する」のチェックマークを外します。

Firefoxでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法2

3.「ハードウェアアクセラレーション機能を使用する」のチェックマークを外します。

Firefoxでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法3

4.ブラウザを一旦終了し、その後ブラウザを再起動したら完了です。

Google Chrome

1. ハンバーガーメニューアイコン→「設定」をクリックします。

Google Chromeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法1

2.設定画面で下までスクロールし、「詳細設定」をクリックします。

Google Chromeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法2

3.「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をOFFに設定します。

Google Chromeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法3

4.「再起動」をクリックし、ブラウザを再起動したら完了です。

Google Chromeでハードウェアアクセラレーションを無効化する方法4

まとめ

というわけで、今回は「ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効化する方法」について解説しました。

ブラウザを使っていて、何かサイトの動作が遅くなった・フリーズするようになったと感じた場合、ブラウザのハードウェアアクセラレーションを無効にすることで改善できます。

ぜひ、試してみてくださいね。

スポンサーリンク