アイキャッチ画像

Windows10は、新しい機能の追加やセキュリティの強化などの大型アップデートが、年に2回ほど行われます。

しかし、いきなり大型アップデートを行うと、ドライバーやソフトウェアなどの不具合や、ブルースクリーンなどの致命的なバグが発生する可能性があります。

そこで、今回は「Windows10大型アップデートを行う前に3つ準備する事」について、初心者でも分かりやすく解説していきます。

Windows10の大型アップデートを行う前に準備することは3つ!

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

大型アップデートの配信開始日にいきなりアップデートすると、配信開始前に残った不具合が起きる可能性があるので、以下の3つを行ってからアップデートするようにしよう!

  • 大切なデータはバックアップを取っておく
  • ドライバーやソフトウェアなどは最新版にしておく
  • お使いのPCがアップデート対象になっているか調べる

大切なデータはバックアップを取っておく

アップデート後、パソコンに不具合が起きてしまうと、不具合の内容にもよりますが最悪の場合、初期化しなければならないこともあります。そうなると、パソコン上に保存された大切なデータを失ってしまいます。

写真など大切なデータを事前にバックアップを取れば、万が一の時でもデータを取り出すことができます。

詳しい方法は、「PCデータのバックアップの方法を解説」記事内でまとめています。

ドライバーやソフトウェアなどは最新版にしておく

ドライバーやソフトウェアの最新バージョンがメーカーの公式サイトから配信されている場合があるので、それらを全て最新バージョンにしておきましょう。

同時に、BIOSなどのファームウェアも最新バージョンにしておきます。

お使いのPCがアップデート対象になっているか調べる

パソコンによっては、アップデート対象外になっている場合がありますので、念のため機種も確認しておきましょう。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

検索エンジンで「Windows10のバージョン」と「お使いのパソコンのメーカー」で調べると、メーカーのサポート情報が出てくるので、必ず確認してね!

Windows10の大型アップデートを適用する方法

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

Windows10の大型アップデートを更新する方法は、以下の記事を読んでね!

もし、アップデート後に不具合が起きてしまったら

見出し画像

もし、大型アップデートの実行後、パソコンに何らかの不具合が起きた場合、アップデート後10日以内であれば、以下の方法から前バージョンに戻すことができます。

パソコンが起動する場合

1.「設定」アプリを開きます。

2.「更新とセキュリティ」→「回復」の順にクリックします。

3.「前のバージョンのWindows10に戻す」項目から「開始する」をクリックします。

Windows10 回復設定画面

4.その後、画面に表示される内容に従って操作することで、前のバージョンに戻すことができます。

パソコンが起動しない場合

1.パソコンの電源を入れた後、「自動修復」が表示されることがありますので、メニューが表示されるまで待ちます。

2.「自動修復」メニューが表示されたら、「詳細オプション」をクリックします。

3.「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「以前のバージョンに戻す」の順にクリックします。

4.その後、画面に表示される内容に従って操作することで、前のバージョンに戻すことができます。

まとめ

というわけで、今回は「Windows10大型アップデートを行う前に3つ準備する事」について解説しました。

Windows10は年に2回の大型アップデートがありますが、何も準備しないでアップデートすると不具合が起きてしまうことがあります。事前にバックアップやドライバーなどのアップデートを行い、準備ができてからOSをアップデートするようにしましょう!

スポンサーリンク