【Windows11】Microsoftアカウントからローカルアカウントに切り替える方法

Windows11の初期設定では、Microsoftアカウントを用いてセットアップをしなければいけません。

しかし、

口コミ用キャラクターアイコン

MicrosoftアカウントでWindows11の初期設定を済ませたけど、やっぱりローカルアカウントでサインインしたい!

という方は多いですよね。

今回は、「Microsoftアカウントからローカルアカウントに切り替える方法」について解説します。

Microsoftアカウントとローカルアカウントとの違い

Microsoftアカウントとローカルアカウントとの違いは、以下の通りです。

Microsoftアカウント:Microsoftアカウントを用いて、Windowsにサインインすること。

ローカルアカウント:アカウントを作成したパソコンだけで、サインインできるアカウントのこと。一部サービスを使うにはMicrosoftアカウントのサインインが必要になる。

詳しくは、以下の記事をお読みください。

>>【Windows】ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いを簡単に解説

Microsoftアカウントからローカルアカウントに切り替える方法

1.「スタート」→「すべてのアプリ」→「設定」の順にクリックします。

2.「設定」アプリが開いたら、「アカウント」をクリックします。

3.「ユーザーの情報」をクリックします。

Windows11 設定画面

4.「Microsoftアカウント」項目右にある「ローカルアカウントでのサインインに切り替える」をクリックします。

Windows11 設定画面

5.「この手順をスキップする」をクリックします。

Windows11 ローカルアカウントへの切り替え画面

6.「次へ」をクリックします。

Windows11 ローカルアカウントへの切り替え画面

7.Microsoftアカウントで設定したパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

Windows11 本人確認画面

8.ローカルアカウント作成に必要な内容を全て入力し、「次へ」をクリックします。

Windows11 ローカルアカウントへの切り替え画面

9.「サインアウトと完了」をクリックし、アカウントをサインアウトします。

注意点

サインアウトすると、保存されていないデータは反映されません。

サインアウトする前に作業中のデータは全て保存し、起動中のアプリを全て終了してから実行してください。

これでローカルアカウントへの切り替えは完了です。

ローカルアカウントにサインインする時は、PINまたはローカルアカウントで設定したパスワードでサインインします。

まとめ

というわけで、今回は「Microsoftアカウントからローカルアカウントに切り替える方法」について解説しました。

Windows11の初期設定ではMicrosoftアカウントでのサインインが必要ですが、一度セットアップが完了すれば、いつでもMicrosoftアカウントからローカルアカウントに切り替えることもできます。

新しくローカルアカウントを作成される場合は、以下の記事をお読みください。

>>【Windows11】新しいローカルアカウントを作成する方法

スポンサーリンク