【Windows】ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違いを簡単に解説

WinWindows10/11では、新たにアカウントを作成する時に「ローカルアカウント」で作成するか、「Microsoftアカウント」を紐づけてアカウント作成するか、どちらか選択することができます。

今回は、この2つの違いについて解説していきます。

早見表

ローカルアカウント

アカウントを作成したパソコンだけログインできるアカウント。

設定の同期やMicrosoftストアから有料アプリの購入、Microsoftサービスを使う場合は、Microsoftアカウントでサインインが必要。

Microsoftアカウント

Microsoftアカウントを使って、Windowsにサインインすること。

Wndows10/11にサインインする他、以下の機能が使える。

  • Microsoftサービスへのサインインを短縮できる
  • 最初からWindowsの設定を同期できる
  • Microsoftストアで、無料・有料アプリを全てダウンロードできる
  • Windowsの新機能を試すことができる

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違い

Windows10 サインイン画面

ローカルアカウントとは

ローカルアカウントは、1台のパソコンだけで登録できるアカウントです。従来のWindowsから引き継がれている機能で、基本的にユーザーが設定したパスワードを入力してサインインします。

アカウント名は、ユーザーが好きな名前を付けることができます。

なお、設定の同期やMicrosoftストアから有料アプリの購入、Microsoftサービスを使う場合は、別途Microsoftアカウントでサインインする必要があります。

ここまでのまとめ

ローカルアカウント

  • 1台のパソコンだけしか使えないアカウントのこと。

メリット

  • Microsoftアカウントが無くても作成できる
  • ユーザー自身が好きな名前を付けることができる

デメリット

  • 設定の同期ができない
  • Microsoft ストアで有料アプリを購入する、Microsoftサービスを利用する場合は、別途サービスごとにMicrosoftアカウントでのサインインが必要になる

Microsoftアカウントとは

これに対し、Microsoftアカウントとは、Microsoftのアカウントを使ってWindowsにサインインすることを指します。

アカウントにサインインする他、MicrosoftストアやOfficeなどのMicrosoftのサービスにログインして利用できます。

アカウント名は、Microsoftアカウントで設定した名前が表示されます。

MicrosoftアカウントでWindows10/11をサインインするメリットは以下の通りです。

  • Microsoftサービスへのサインインを短縮できる
  • 最初からWindowsの設定を同期できる
  • Microsoftストアで、無料・有料アプリを全てダウンロードできる
  • Windows10の新機能を試すことができる

特に「Windowsの設定の同期」は、新しいパソコンを購入した時にMicrosoftアカウントでサインインすると、壁紙やデバイスなどの設定をそのまま引き継ぐことができるので、設定し直しせずに済みます。

設定の同期やアプリの購入、Microsoftサービスへのサインインは、ローカルアカウントでもMicrosoftアカウントにサインインすればできますが、最初からMicrosoftアカウントと紐付けしておけば利便性が高くなります。

注意点

お使いのパソコンをWindows10からWindows11にアップグレードしてからMicrosoftアカウントでサインインした場合は、Windows10で同期したデスクトップの壁紙を引き継ぐことができません。

ここまでのまとめ

Microsoftアカウント

  • MicrosoftアカウントでWindowsにサインインすること。

メリット

  • Microsoftサービスへのサインインが簡単になる
  • Windowsの設定を同期できる
  • Microsoftストアにて、有料アプリを含む全てのアプリダウンロードできる
  • Windowsの新機能を試すことができる

デメリット

  • 事前にMicrosoftアカウントを作成する必要がある
  • 原則ユーザー名の変更ができない(ユーザー名を変更する場合は、専用サイトにて設定する必要がある)

Win11Home版では初期設定のみローカルアカウントを作成できない

一方、Windows11ではHome版では初期設定のみ「Microsoftアカウント」を紐づけてアカウント作成する必要があります。

そのため、初期設定時にローカルアカウントで作成したい場合はPro版を購入する必要があります。

>>Windows11の初期設定(セットアップ)方法を解説!

Windows11のセットアップ後にMicrosoftアカウントからローカルアカウントへの切り替えをしたり、新しくローカルアカウントを作成したりすることはできます。

インターネット上ではHome版でもローカルアカウントを作ることができる裏技が出回っていますが、正規の方法ではありませんので、Windows11の初期設定を行う場合は、必ず正規の方法で行ってください。

まとめ

  • ローカルアカウント:従来のWindowsのサインインのこと。
  • Microsoftアカウント:Microsoftアカウントを使って、Windowsにサインインすること。Microsoftサービスへのサインインや、Windows設定の同期ができるなどのメリットがある。

というわけで、今回は「WindowsにおけるローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違い」を解説しました。

ローカルアカウントでも普通に使うことができますが、Microsoftアカウントを使ってサインインすると、Windows10/11の利便性が高くなります。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク