Windows11の初期設定(セットアップ)方法を解説!

新しいパソコンを買って、初めて起動する際は、Windows11の初期設定(セットアップ)が必要になります。

今回は「Windows11の初期設定(セットアップ)方法」について分かりやすく解説していきます。

※本記事ではWindows11 Home版における初期設定の解説記事となります。

Windows11初期設定前の準備

Windows11の初期設定には、以下の2つの条件が必要になります。

  • インターネット接続をしていること
  • Microsoftアカウントを持っている(無い場合は新規作成できます)

今までのWindowsでは、インターネット接続が無い環境で、かつローカルアカウントで初期設定ができましたが、Windows11ではインターネット接続とMicrosoftアカウントが必要になり、少し難しくなっています。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

でも、そんなに面倒じゃないから、一つ一つ手順に沿って設定しておけば大丈夫だよ!

初期設定時の注意事項

途中でパソコンの電源を切らないようにしてください。

初回セットアップ途中にバッテリー切れなどでパソコンの電源が切れてしまうと、パソコンが故障してしまう恐れがあります。

特にノートパソコンやタブレットPCの場合は、バッテリーが途中で切れないように、必ずコンセントに繋いだ状態で初期設定を済ませるようにしてください。


必ず、インターネットに接続した状態で、かつMicrosoftアカウントにサインインして初期設定を行いましょう。

ネット上ではローカルアカウントで初期設定をする裏技が出回っていますが、ライセンス規約違反の恐れもあるので、必ず正規の方法で初期設定するようにしましょう。

Windows11 Pro版では、初期設定時にローカルアカウントで作成することができます。バージョン22H2以降は、Windows11 Pro版でも初期設定時にMicrosoftアカウントでのサインインが必須になりました。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

Microsoftアカウントで初期設定をした場合でも、後でローカルアカウントに切り替えることはできるよ。

Windows11の初期設定方法

注意点

前置きにも書きましたが、この手順はWindows11 Home版のものとなります。Windows11 Pro版における初期設定は一部異なります。

また、パソコンの機種によってはそれ以外に設定が必要な項目が表示される場合もあります。

Windows11の初期設定のやり方は、簡潔にまとめると以下の通りです。

  1. コンセントを入れた状態で電源を入れる
  2. お住まいの国(地域)の選択
  3. キーボードのレイアウトの選択
  4. ネットワーク接続を設定する
  5. アップデート完了までしばらく待つ
  6. ライセンス契約が表示されるので、内容をよく読んでから同意する
  7. PCの名前を設定する
  8. Microsoftアカウントをサインイン、もしくは新規作成をする
  9. Windows Helloに対応しているパソコンの場合は、顔認証・指紋認証の設定をする(任意)
  10. PINを作成する
  11. デバイスのプライバシー設定をする
  12. エクスペリエンスのカスタマイズを行う
  13. OneDriveにデータをバックアップするかどうか設定する(表示されない場合もある)
  14. OSの更新作業が終わるまでしばらく待つ
  15. デスクトップ画面が表示されたら完了
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

それじゃ、一つ一つ解説していくね!

手順

1.パソコンにコンセントを繋いでから、電源を入れます。

2.お住まいの国(地域)の選択画面が表示されますので、確認してから「はい」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

3.キーボードのレイアウトの選択画面が表示されますので、「Microsoft IME」が表示されていることを確認してから「はい」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

その後に「2つ目のキーボードレイアウトを追加しますか?」と表示されますので、「スキップ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

4.ネットワーク接続を設定します。

注意点

有線でネット接続している場合は、この画面は表示されません。

無線LANのネットワーク名をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

無線LANのネットワーク名のパスワードを入力し、「次へ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

「接続済み」と表示されたら、「次へ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

5.アップデートが完了するまでしばらく待ちます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

次の画面に切り替わるまで我慢してね!

6.ライセンス契約が表示されますので、内容をよく読んでから「同意」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

7.PCの名前を設定し、「次へ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

8.Microsoftアカウントをサインイン、もしくは新規作成をします。

Microsoftアカウントを持っている場合は、アカウント名を入力し「次へ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

Microsoftアカウントを持っていない場合は「作成」をクリックして、画面の指示に従ってMicrosoftアカウントを作成してね!

その後、パスワードを入力して「サインイン」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

9.Windows Helloに対応しているパソコンの場合は、顔認証・指紋認証の設定が表示されることがあります。その場合は、「今はスキップ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

10.以下の画面が表示されたら「PINの作成」をクリックします。その後、4桁以上の数字を入力して「OK」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

「英字と記号を含める」にチェックマークを入れると、PINに英字や記号も含めてPINを作成できるようになります。

11.「デバイスのプライバシー設定の選択」画面が表示されます。

「次へ」をクリックし、全ての内容をよく確認してから「同意」をクリックします。

この設定は後からでも変更できます。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

12.エクスペリエンスのカスタマイズ設定画面が表示されます。

この設定は後からでも変更できますので、今回は「スキップ」をクリックします。

Windows11 初期設定(初回セットアップ)画面

13.OneDriveに関する設定が表示された場合は、画面の指示に従って設定をします。

14.OSの更新作業が終わり、デスクトップ画面が表示されるまでしばらく待ちます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

時間がかかるので、ゆっくり待とう!

注意点

途中でロック画面が表示された場合は、Microsoftアカウントで設定したパスワード、またはセットアップ時に設定したPINを入力してサインインします。

15.デスクトップ画面が表示されたら、Windows11の初期設定は完了です。

Windows11 デスクトップ画面
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

お疲れ様でした!

まとめ

というわけで、今回は「Windows11の初期設定(セットアップ)方法」について解説しました。

Windows11における初期設定では、インターネット接続とMicrosoftアカウントを用いて初回セットアップをしなければいけません。

少し面倒だと思いますが、一度セットアップ完了すれば、ローカルアカウントに切り替えたり、新しくローカルアカウントを作ったりすることもできます。


Windows11の初期設定が完了したら、次に回復ドライブの作成をしておきましょう。

>>【Windows】回復ドライブの作成方法!作成できない時の原因も解説します

スポンサーリンク