アイキャッチ画像

Windows7の延長サポートが終了し、この機会に新しいパソコンを買い替えようと考えている方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はパソコンを買い替えなくても、無料でWindows10にアップグレードできるのはご存じでしょうか?

今回は「Windows7(8.1)からWindows10へ無料でアップグレードする方法」を解説していきます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

Windows10の無料アップグレードキャンペーンは既に終了しているけど、マイクロソフトの公式サイトでは、2020年7月現在でもWindows10が無料でダウンロードできるよ!

Windows7と8.1の延長サポート期間

Windows7とWindows8.1は、それぞれ延長サポートの終了日が決められています。

  • Windows7:2020年1月14日(サポート終了済み)
  • Windows8.1:2023年1月10日

OSのサポートが終了するとどうなる?

もし、サポート終了したOSをそのまま使い続けると、以下の大きなリスクにつながります。

  • 新たな修正プログラムの配布が停止され、OSの脆弱性が発見されても更新できなくなる
  • ウイルスやスパイウェアなどの被害に遭いやすくなる
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

つまり、サポート切れのOSをそのまま使い続けることは危険だよ!

Windows7(8.1)から10へ無料アップグレードをする方法

Windows10の無料アップグレードは2016年7月28日で終了していますが、マイクロソフトの公式サイトでは、2020年10月現在でもWindows10を無料ダウンロードすることができます。

アップグレード前にやること

Windows10のシステム要件を確認する

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

Windows10にアップグレードする場合は、以下のシステム要件が必要なので、お使いのパソコンがアップグレード可能かどうか確認しよう!

  • CPU:1GHz以上
  • RAM:32ビット版は1GB以上、64ビット版は2GB以上
  • ハードディスクに必要な容量:32ビット版は16GB以上、64ビット版は20GB以上
  • グラフィックス:DirectX 9以上、および「WDDM 1.0」ドライバー
  • ディスプレイの解像度:800×600以上

重要なデータはバックアップを取る

Windows10のアップグレード中に、何らかが原因で失敗した場合、場合によってはOS自体が起動できなくなることもあります。

写真や仕事などの重要なデータは、あらかじめ外付けハードディスクなどにバックアップを取っておきましょう。

詳しくは、「PCデータのバックアップの方法を解説」記事にまとめていますので、そちらをお読みください。

無料アップグレードの手順

見出し画像

1.マイクロソフトの公式サイトから、以下のダウンロードページにアクセスします。

2.「Windows10のダウンロード」ページが開いたら、「ツールを今すぐダウンロード」をクリックします。

3.ダウンロードしたWindows10アップグレードプログラムをクリックします。

4.「ライセンス条項」が表示されたら、条項をよく読んで「同意する」をクリックします。

5.「このPCを今すぐアップグレードする」を選択し、「次へ」をクリックします。

6.しばらくすると、「ライセンス条項」が出てくるので、これもよく読んでから「同意する」をクリックします。

7.インストール確認画面が表示されたら、作業中のデータやアプリなどを全て閉じます。

8.「インストール」をクリックすると、Windows10のインストールが開始されます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

インストール中はパソコンが数回再起動するよ。絶対にパソコンの電源を切らないでね!

9.インストールが完了すると、Windows10の設定画面が表示されますので、「同意」をクリックしてアップグレード完了です。お疲れさまでした!

アップグレード後にやること

Windows10へアップグレードした後は、OSやソフトが正しく動作しているかどうか確認しましょう。

万が一、アップグレード後にソフトが起動しない、パソコンが正常に動作しない場合は、アップグレード後10日以内であればアップグレード前のOSに戻すことができます。

まとめ

Windows7(8.1)から10へのアップグレードは、簡単にできます。また、公式サイトからダウンロードできるので、コストも抑えてアップグレードできますので、まだWindows10へアップグレードしていない方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク