アイキャッチ画像

WordPressのテーマは、公式ディレクトリや配布サイトなどで配布されている既存テーマの他に、1から自分で作った自作テーマというものがあります。

これらの違いは一体どういうものなのでしょうか。

  • 既存テーマ:サイトで配布されているテーマ。初心者でも気軽にカスタマイズできる。
  • 自作テーマ:自分で作ったテーマ。HTMLやCSSの知識が必要なので、中~上級者向け。
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

そもそも「テーマとは何?」という方は、先に以下の記事を読んでね!

既存テーマ

見出し画像

既存テーマとは、WordPress公式ディレクトリや配布サイトなどで配布されているテーマのことを指します。

無料・有料問わず多くのテーマをWordPress本体に入れることができます。

既存テーマのメリット・デメリット

メリット

  • 簡単にサイトデザインを組み込むことができる
  • 無料で使えるテーマが多い
  • 有料テーマでも、高品質なデザインのテーマが多い

デメリット

  • テーマとプラグインによっては相性が悪い物がある
  • サイトによってはテーマのデザインが合わない場合がある

既存テーマ使用時の注意点

既存テーマを使う場合は、以下の注意点を確認しましょう。

  • テーマの使い方は充実しているか
  • 定期的に更新されているか
  • サポート体制はしっかりしているか

自作テーマ

見出し画像

自作テーマとは、その名の通り自分で1から作ったテーマのことを指します。

自作テーマのメリット・デメリット

メリット

  • 作り方次第では既存テーマより軽くて高品質なテーマを作ることができる
  • そのサイトに合ったデザインを自由に作ることができる

デメリット

  • HTMLとCSS(場合によってはJavaScriptも)の知識が必要
  • phpの知識が必要
  • テーマ作成中のトラブルに備え、バックアップが必要

初心者は既存テーマがオススメ

初めてWordPressを使う初心者の場合、既存テーマが一番おすすめです。

なぜなら、既存テーマは

HTMLやCSSの知識が無くても、簡単にカスタマイズができる

からです。

主な無料テーマ

  • Cocoon
  • Luxeritas
  • Lightning
  • Nishiki

主な有料テーマ

  • JIN
  • SANGO
  • AFFINGER
  • DIVER
  • STORK19
  • THE THOR

ちなみに、下の記事は私が「JIN」「SANGO」「AFFINGER」「DIVER」の4つを使って感じたメリットとデメリットを簡単にまとめていますので、参考までにどうぞ。

HTML/CSSが分かるなら自分でテーマを作るのもアリ

口コミ用キャラクターアイコン

どのテーマを選んでも自分のサイトのデザインに合わない・・・。

と感じる方も多いでしょう。

また、

口コミ用キャラクターアイコン

ある程度HTMLやCSSに慣れてきたので、自分でテーマを作りたい!

という方もいます。

そのような場合は、自作テーマ作りにチャレンジするのもアリです。

ただし、自作テーマは1から自分で作る分、コードの打ち間違いなどでサイトの表示がおかしくなってしまうリスクもありますので、テーマ制作時は定期的なバックアップを取っておきましょう。

まとめ

というわけで、今回は「WordPressにおける既存テーマと自作テーマの違い」について解説しました。

既存テーマと自作テーマの違いは、以下の通りです。

  • 既存テーマ:サイトで配布されているテーマ。初心者でも気軽にカスタマイズできる。
  • 自作テーマ:自分で作ったテーマ。HTMLやCSSの知識が必要なので、中~上級者向け。

初めての方は、まず既存テーマをカスタマイズしていき、ある程度慣れてきたら自作テーマを作っていることをオススメします。

スポンサーリンク