当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

WordPress

WordPressプラグインの作り方【簡単・初心者向け】

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線

WordPressでは、世界中から公開されているプラグインをインストールするだけでなく、自分でプラグインを作ることもできます。

今回は、「WordPressプラグインの作り方(初心者向け)」を、初心者でも分かりやすく解説していきます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

プラグインについては、以下の記事を読んでね!

>>【WordPress】プラグインとは?使い方や注意点を解説!

プラグインの作り方

今回は「Mikit Tz My Plugin」という名前でプラグインを作っていきます。

WordPress プラグイン

プラグインのフォルダ・ファイルを作成しよう

1.まず、プラグインのフォルダとファイルを作成します。フォルダ名を「mikit-tz-my-plugin」を新規作成します。

Windows10 フォルダアイコン
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

プラグインを作る場合、以下のポイントを押さえておいてね!

  • プラグイン名は原則英数字
  • 他のプラグイン名と被らない名前にする

2.次に、メモ帳などのテキストエディタを開き、「mikit-tz-my-plugin.txt」を作ります。

Windows10 フォルダ画面

3.「mikit-tz-my-plugin.txt」をメモ帳などのテキストエディタを開きます。

4.「ファイル」→「名前を付けて保存」をクリックします。

Windows10 メモ帳

5.拡張子を「.txt」から「.php」に変えて「保存」をクリックします。

Windows10 フォルダ画面
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

文字コードが「UTF-8」になっているか確認してね!

Windows10 フォルダ画面

6.「mikit-tz-my-plugin.php」が作成されました。

Windows10 フォルダ画面

一旦テキストエディタを閉じ、「mikit-tz-my-plugin.txt」を削除します。

7.「mikit-tz-my-plugin.php」を開き、以下の文章を入れます。

1<?php
2/*
3Plugin Name: Mikit Tz My Plugin
4Version: 99
5*/
6?>

8.上書き保存後、「mikit-tz-my-plugin」フォルダを、「wp-content」フォルダ内にある「plugins」フォルダに入れます。

Windows10 フォルダ画面

これで、プラグインの作成が完了しました。

実際にプラグインを有効化してみよう

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

実際にプラグインを有効化してみるよ。

1.WordPressにログイン後、「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」をクリックします。

2.先ほど作成した「Mikit Tz My Plugin」が表示されているので、「有効化」をクリックします。

WordPress プラグイン

3.プラグインが有効化されました。

WordPress プラグイン

プラグイン情報について

Plugin Nameプラグインの名前です。
Plugin URIプラグインを紹介しているサイトのURLです。
Descriptionプラグインの説明文です。
Authorプラグインを作った方の名前です。
Versionプラグインのバージョン名です。
Author URIプラグイン作成者のサイトURLです。

これらのプラグイン情報は、以下のように入力します。

1<php
2/*
3Plugin Name: Mikit Tz My Plugin
4Plugin URI: http://www.sample.com/plugin
5Description: ここにプラグインの説明文が入ります。
6Author: user name
7Version: 99
8Author URI: http://www.sample.com
9*/
10?>

「Plugin Name」を入力するだけでプラグインとして使えますが、プラグイン情報を全て入力した方が、プラグインの情報が分かりやすくなります。

WordPress プラグイン

簡単なコードを入れてみよう

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

今回は、WordPressの管理画面に「ようこそ。」と表示するコードを入れてみるよ。

1function mikit_tz_my_plugin () {
2  echo "ようこそ。";
3}

このコードを、実際にプラグインのファイル内に入れてみます。

1<?php
2/*
3Plugin Name: Mikit Tz My Plugin
4Plugin URI: http://www.sample.com/plugin
5Description: ここにプラグインの説明文が入ります。
6Author: user name
7Version: 99
8Author URI: http://www.sample.com
9*/
10 
11function mikit_tz_my_plugin () {
12  echo "ようこそ。";
13}
14add_action('admin_notices', ' mikit_tz_my_plugin ');
15?>

上書き保存後、WordPressにログインして、管理画面に「ようこそ。」が表示されているかどうか確認します。

▼上手く表示されたら、完成です!

WordPress 自作プラグイン適用時の管理画面

まとめ

というわけで、今回は「WordPressプラグインの作り方(初心者向け)」でした。

今回は初心者向けということで、WordPressのダッシュボード画面に「ようこそ。」を表示するプラグインを作りましたが、書き方によって色々なプラグインを作ることができます。

function.phpでカスタマイズしたコードをプラグイン化することで、テーマを変えてもfunction.phpを編集し直す手間がかからないメリットもありますので、ぜひ試してみてくださいね。(*^_^*)

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました