当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

WordPress

WordPressテーマ変更時の注意点とテーマ変更方法を解説!

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線

WordPressでサイトやブログを運営していくと、「そろそろテーマを変えたいな~」と思う方も多いですよね。

しかし、今まで使っていたテーマから新しいテーマに変えると、それまで使っていたテーマの機能が使えなくなる・新しいテーマで再設定しなければならないというリスクも大きいです。

この記事では、「WordPressテーマ変更時の注意点とテーマ変更方法」について解説していきます。

テーマ変更時の注意点

テーマ変更時の注意点は以下の通りです。

  • ウィジェットが使えなくなる
  • 独自ショートコードが使えなくなる
  • アイキャッチなどの画像サイズが変わる
  • 新テーマで不要になるプラグインは事前に無効化&削除する
  • カスタマイズCSSやコードの貼り直しが必要

ウィジェットが使えなくなる

テーマ独自のウィジェットを使っている場合、テーマ変更するとウィジェットが使えなくなります。

必ずウィジェットを削除するか、WordPress標準ウィジェットに置き換えておきましょう。

テーマ独自のウィジェットを使わず、WordPress標準ウィジェットのみで使っている場合は、影響を受けることはありません。

独自ショートコードが使えなくなる

テーマ独自のショートコード(特に「吹き出し」や「ボックス」)は、他のテーマとの互換性がありません。

例えば、「Cocoon」のボックスや吹き出しは「JIN:R」や「SANGO」では使えませんし、あるいはその逆も同じです。

そのため、新しいテーマに変更後は、旧テーマで使っていたボックスや吹き出しなどの独自ブロックやショートコードは、全て新テーマのボックスや吹き出しなどのものに置き換えていく必要があります。

ポイント

テーマ独自のショートコードではなく、自分で作ったボックスや吹き出しを使っている場合は、テーマ変更時のリスクが少なくなります。

アイキャッチなどの画像サイズが変わる

旧テーマから新テーマに変更すると、アイキャッチ画像やサムネイル画像のサイズも変わります。

旧テーマで小さなサイズの画像をアップロードした際に新テーマに変更すると、小さな画像が縦横に引き伸ばされ、画質が粗くなってしまうことがあります。

見出し画像

必要に応じて、より大きい画像のアップロード&差し替えをすることも考えておきましょう。

テーマによっては関連記事などのサムネイル画像も変わる場合がありますので、注意しましょう。

SEOの再設定が必要になることがある

SEO設定系プラグインを使用しない限り、新テーマに移行しても旧テーマでのSEO設定は原則引き継がれません。

そのため、旧テーマでSEO設定していた場合は、新テーマに移行した後、改めて設定しなおす必要があります。

不要になるプラグインは事前に無効化&削除する

現在使っているプラグインの機能がテーマの機能と被ると、プラグインとテーマの機能が競合して不具合が起きてしまいます。

また、ブロックエディター専用テーマでは旧エディターや旧ウィジェットに対応していないため、そのテーマに「Classic Editor」プラグインや「Classic Widgets」プラグインを導入しても意味がありません。

さらに、テーマ専用のプラグインを有効化したまま他のテーマに切り替えると、デザイン崩れなど思わぬ不具合が起きることもあります。

新テーマで不要になるプラグインは、テーマを切り替える前にプラグインを無効化&削除しておくことをおすすめします。

どうしても残しておきたい機能については、代替プラグインで置き換え可能かどうかも検討しておきましょう。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

プラグインの削除方法は、下記記事の「プラグインを削除したい場合は?」項目を読んでね!

≫【WordPress】プラグインとは?使い方や注意点を解説!

SEO設定系プラグインを使用している場合

SEO設定機能があるテーマへ変更される場合は、「All in One SEO Pack」などのSEO設定系プラグインを削除してから新しいテーマで再設定することで、機能の競合によるSEOへの悪影響を防ぐことができます。

以下はSEO設定機能があるテーマの一部です。

SEO設定機能がある主な有料テーマJIN:R
SANGO
AFFINGER
SEO設定機能がある主な無料テーマCocoon
Luxeritas

高速化プラグインの場合

かつてはWordPress高速化の手段として、「Autoptimize」プラグインによるコード最適化がよく活用されていました。

しかし、現在はテーマの最適化やレンタルサーバー側の高速化機能の搭載などで、むしろプラグインと競合してしまう可能性があります。

そのため、高速化・最適化されている新テーマに乗り換える場合は、事前に全ての高速化プラグインを停止しておきましょう。

カスタマイズCSSやコードの貼り直しが必要

テーマに追加したカスタマイズCSS(追加CSSを含む)や、アクセス解析ツールなどのコードを元のテーマに貼っている場合は、新しいテーマに変更した後にそれぞれ貼り直す必要があります。

カスタムCSSやコードは事前にコピペして、メモ帳などのテキストエディタに一旦保存しておきましょう。

テーマ変更前にローカル環境で確認を

特に長期間運営しているサイト/ブログの場合は、テーマ変更前には使えたウィジェットやプラグイン、ショートコードが使えなくなることによって、サイトやブログのデザインが大きく崩れてしまう可能性があります。

そのため、

口コミ用キャラクターアイコン

いきなりテーマ変更しても大丈夫なのか心配・・・。

という方は、先にローカル環境でテーマ変更して、デザイン崩れがないかどうか確認しておきましょう。

≫超簡単!「Local」でWordPress開発環境を作ってみよう!【初心者向け】

≫MAMPでWordPressローカル環境を構築する方法【誰でもできる】

「WP Theme Test」プラグインを使ってテーマ変更後のプレビューを試すことはできますが、テーマやプラグインの競合などで動作しなかったり、プレビュー時にサイトデザインが大きく崩れてしまう可能性がありますので、面倒でもローカル環境で確認しておくことをオススメします。

テーマを変更する方法

WordPress テーマ変更のやり方1

ここでは例として、WordPress公式テーマ「Twenty Fifteen」から「Twenty Seventeen」に変更してみます。

バックアップを取る

まず、新しいテーマをインストールする前に、WordPressのデータをバックアップします。

WordPressのバックアップ方法は、主に3つあります。

  • レンタルサーバーの自動バックアップ機能を使う
  • FTPソフトでバックアップを取る
  • プラグインを使ってバックアップを取る

WordPressをプラグインで簡単にバックアップする方法【初心者でもわかる】」の記事において「BackWPup」プラグインを使ってバックアップを取る方法を解説していますので、手順に従ってバックアップを取っておきましょう。

テーマをインストールする

変更したい新しいテーマをインストールします。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

テーマ追加のやり方は、「WordPressテーマを追加・削除する方法【初心者向け】」記事の「テーマをインストールする方法」項目を読んでね!

テーマを変更する

新しいテーマにカーソルを合わせると「ライブプレビュー」などが表示されるので、「ライブプレビュー」をクリックします。

WordPress テーマ変更のやり方2

ライブプレビューが表示されます。

WordPress テーマ変更のやり方3

サイト(ブログ)デザインの見た目を調整したら、「有効化して公開」をクリックします。

WordPress テーマ変更のやり方4

これで、テーマの変更が完了しました。

WordPress テーマ画面

プレビューを一旦リセットしたい場合は?

ライブプレビューで編集した内容を元に戻す(リセットする)場合は、「×」ボタンをクリックすることで、編集内容をリセットすることができます。

WordPress テーマ変更のやり方5

テーマ変更後にやること

テーマを変更したら、最後に以下の作業を行います。

  • 独自ブロック(ショートコード)を新テーマのものに置き換える
  • アイキャッチ画像をプラグインでリサイズする
  • SEO設定を行う
  • カスタムCSSやコードなどを貼り直す

独自ブロック(ショートコード)を新テーマのものに置き換える

旧テーマで使っていた独自ブロック(ショートコード)は、新テーマには反映されませんので、独自ブロック(ショートコード)を新テーマのものに置き換えていきます。

「Search Regex」プラグインで一括置き換えするのもアリ

WordPress プラグイン「Search Regex」

長くブログを運営している場合は、「Search Regex」プラグインで独自ブロック(ショートコード)を一気に置き換えする方が効率良いです。

アイキャッチ画像をプラグインでリサイズする

新しいテーマに変更後は、念のため「Regenerate Thumbnails」プラグインで画像を再生成しておきましょう。

もしくは、今までの画像サイズより大きい画像をアップロードし、そこで画像を差し替えるのも良いでしょう。

SEO設定を行う

テーマ側でSEO設定をしている場合は、必要に応じて再設定しておきます。

カスタムCSSやコードなどを貼り直す

先ほども書きましたが、アクセス解析ツールなどのコードは新しいテーマに引き継がれないので、コードは必ず貼り直ししておきましょう。

CSSをカスタマイズしている場合でも、必ず「追加CSS」などにカスタマイズCSSを貼り直す必要があります。

テーマ変更後にエラーが発生した場合

テーマ変更後にエラーが出て、サイトやブログに入れない場合は、下記記事の「テーマの変更や設定が原因の場合は?」項目を見て、エラーの原因を確認しましょう。

WordPressで画面が真っ白!?原因と対処法を解説!

まとめ

というわけで、今回は「WordPressテーマ変更時の注意点とテーマ変更方法」について解説しました。

今のテーマから新しいテーマに変える場合、安易に変更するとサイトやブログのデザインが崩れてしまう、独自のショートコードが使えなくなるなどのリスクもあります。

テーマ変更時は事前にバックアップを取った上で、慎重に作業しておくことをオススメします。

WordPressテーマとは?無料/有料テーマの違いとテーマ選びのポイントなど解説

▼あわせて読みたい
新しいWordPressテーマに乗り換え!テスト用サイト作成からテーマ切替え後の作業まで徹底解説します
新しいWordPressテーマに乗り換え!テスト用サイト作成からテーマ切替え後の作業まで徹底解説します

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました