当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

WordPress

初心者向けのWordPressテーマ3選【Gutenberg対応】

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線

インターネット上には多数のWordPressテーマが公開されています。

しかし、初めてWordPressに触れる方にとっては「どのテーマを選んだらいいか分からない」ということも。

この記事では、ブログを始めたばかりの初心者向けにオススメのWordPressテーマを3つご紹介します。

どのテーマもブロックエディター(Gutenberg)に対応していますので、これからWordPressでブログを始めるのであれば参考になればと思います。

▼「WordPressテーマって何?」という方は、以下の記事を先にお読みください。

≫WordPressテーマとは?無料/有料テーマの違いとテーマ選びのポイントなど解説

この記事を読む前に

この記事で紹介しているテーマの機能や価格は、2023年1月時点のものとなります。

なお、どのテーマも洗練された素晴らしいデザインのテーマであることを踏まえた上で、批評することが趣旨の記事ではないことをご理解いただければと思います。

WordPressテーマ選びは人それぞれです。自分のサイトやブログに合ったテーマを選んでいただけたらと思います。

前提:テーマ選びで重視するポイント

テーマ選びで重視するポイントは、

  • SEO設定の有無
  • デザイン性
  • 日本語に対応しているか
  • 価格

の4つです。

では、それぞれ1つずつ解説します。

SEO設定の有無

SEO設定は色々ありますが、その中でも特に重視したいのが以下の4つです。

  • Noindexの設定
  • サイトマップの自動生成
  • SNS設定
  • 統計機能

ただし、全てのWordPressテーマに上記4つの機能が備わっていない場合もあるので、もし足りない機能があるようであればプラグインで補っておくことも大切です。

ちなみに、サイトマップの自動生成はWordPressの標準機能として既に搭載されています。

そのため、「細かい設定をしたい」など特別な理由が無ければ、サイトマップ生成系プラグインは必要ありません。

デザイン性

  • シンプルなデザインにしたい
  • おしゃれなデザインにしたい
  • ポップで可愛らしいデザインにしたい

などなど、どのようなブログデザインにすべきか考えることも大事です。

ただ、ここでも気になるのが、「ブログデザインがカスタマイズしやすいか」

ブログデザインのカスタマイズ項目が多すぎると、初心者にとってはカスタマイズ機能の操作に慣れるまで時間がかかってしまいます。

ですから、ブログが初めての方は、まずは「デザイン着せ替え」のような簡単な機能が搭載されているテーマを選んだほうが良いと思います。

日本語に対応しているか

それに、WordPress.orgで公式配布されているテーマによっては、日本語に対応していないことがあります。

ですから、日本語に対応している国産テーマを使うことが大事です。

価格

WordPressテーマは、無料のものがあれば、有料のものもあります。

「とりあえず、気軽にテーマを試したい」のであれば無料テーマ、「とにかく手早くカスタマイズしたい」のであれば、有料テーマを選んだほうが良いです。

初心者向けのWordPressテーマ3選

初心者向けのWordPressテーマ3選は以下の通りです。

Cocoon無料だけど高機能のテーマ。
「デザインスキン」で簡単にブログデザインを変えることもできる。
SANGOブログデザインのカスタマイズを追求したテーマ。
「SANGO Land」に公開されているカスタマイズブロックを追加できるほか、自分でSANGO専用ブロックを作成できるので、他にはないオリジナルデザインのサイトやブログを作ることも可能。
JIN:Rシンプルで使いやすさを追求したテーマ。
テーマのカスタマイズが非常に簡単にできる他、テーマ独自の「JINアイコン」が使える。

では、それぞれのテーマを1ずつ解説していきますね。

Cocoon

WordPressテーマ「Cocoon」適用時のWebサイトの表示
WordPressテーマ『Cocoon』適用時の表示例
作者わいひら
価格無料

『Cocoon』とは、「寝ログ」の管理人・わいひらさんが開発しているテーマです。

実に、「これが無料なの?」と思えるほどの高機能のテーマです。

Cocoon公式デモサイトの「Cocoonの独自機能・仕様一覧」にもある通り、無料でありながら有料テーマ級の高機能カスタマイズが搭載されています。

たとえば、多くのサイト/ブログでよく使う機能でいえば、

  • シンプルボックス
  • アイコン付きボックス
  • 吹き出し
  • (テーマ独自デザインの)ボタン
  • アコーディオン
  • タイムライン
  • カラム設定
  • 高速化設定
  • アクセス解析設定
  • 広告設定
  • ランキング機能
  • カテゴリーページ作り込み機能

などなど。

これらのほとんどは有料テーマにしかない機能なので、

口コミ用キャラクターアイコン

え!この機能も本当に無料なの??

と思う程、全部無料で設定出来ちゃいます。

また、

  • サムネイル画像のRetina対応設定
  • 簡易SSL化設定

など、Cocoonテーマ独自の機能もあるので、ブログが初めての方でも非常に便利な機能が一通りそろっています。

1カラムの記事作成もできるので、ランディングページ(LP)を簡単に作ることができます。

その他、簡単な設定をするだけで一瞬でブログの見た目を変えてくれる「デザインスキン」を搭載しています。

これだけでお手軽にブログデザインができるので、HTMLやCSSの知識が無い方でも簡単にデザイン変更ができます。

もちろん、Cocoon専用のスキンを自分で作ることも可能です。

口コミ用キャラクターアイコン

有料テーマを買いたいけど、お金が無い・・・。

口コミ用キャラクターアイコン

とにかく無料で高機能のテーマを使ってみたい!

口コミ用キャラクターアイコン

アフィリエイトブログは初めてなので、まずは無料テーマで挑戦したい!

という方はCocoonがオススメです。

SANGO

WordPressテーマ「SANGO」適用時のWebサイトの表示
WordPressテーマ『SANGO』適用時の表示例
作者サルワカ
価格14,800円(税込み・1回買い切り)

『SANGO』とは、「サルワカ」の運営者が開発しているWordPressテーマです。

デザインの雰囲気では可愛いイメージが多いですが、カスタマイズ次第ではカッコいいデザイン、オシャレなデザインなど、様々な雰囲気のデザインにすることもできます。

HTMLやCSSの知識が無くてもトップページやLPが簡単にできるので、作品のポートフォリオサイトや会社のコーポレートサイトなど様々なサイト作りにも役に立ちます。

また、SANGOで用意されているブロックに加え、

  • カスタムバリエーション
  • カスタムバリエーション
  • カスタム書式設定
  • カスタムコントロール

などの開発機能を使って、自分でSANGO専用ブロックを作ることもできます。

もちろん、SANGO専用ギャラリーサイト「SANGO Land」では、SANGO公式やSANGOを利用している方が作ったカスタマイズブロックが多数公開されています。

これらの機能を上手く使うことで、他のサイト/ブログにはない独自のオリジナルデザインのサイトやブログにアレンジすることができます。

一昔前では「SANGOはデザインが似たり寄ったりになってしまう」というデメリットがありましたが、「SANGO Land」サービスの登場やブロック自体のカスタマイズなどで、むしろそういったデメリットは無くなりつつあります。

「ブログデザインを思いっきりカスタマイズしたい!」という方には、SANGOがオススメです。

JIN:R

WordPressテーマ「JIN:R」適用時のWebサイトの表示
WordPressテーマ『JIN:R』適用時の表示例
作者ひつじ
価格19,800円(税込み・1回買い切り)

『JIN:R』とは、同作者が制作したWordPressテーマ『JIN』を、ブロックエディター向けにリメイクしたWordPressテーマです。

JIN:Rのデザインは、どちらかと言えばシンプルで洗練されたイメージに近い感じがします。

テーマを有効化するだけでもシンプルなブログデザインができる上、テーマのカスタマイズ操作も簡単なので、自分だけのブログのデザインを素早く仕上げることができます。

また、

  • JIN:Rのサイトデザインを一瞬で切り替えてくれる「デザインプリセット」
  • 様々なカスタマイズデザインをコピペだけで完結できる「デザイン見本帳」

などの機能もあるので、初心者にもカスタマイズしやすいテーマだと言えます。

これも、SANGOと同様にHTMLやCSSの知識が無くても、トップページやLPなどのカスタマイズが可能です。

その他、JIN:R独自アイコンが使えるので、「Font Awesome」を使いたくない方にもピッタリ合います。

ちなみに、JINテーマをお使いであれば、JIN:Rに切り替えることができる専用の移行プラグインも配布されていますので、手軽に乗り換えることも可能です(JIN以外のテーマからJIN:Rに乗り換える場合は、自分でブロックの置き換えなどの作業が必要になります)。

「JIN」テーマの頃では、「他のテーマよりやや重い」という欠点がありましたが、「JIN:R」になってから、むしろ逆に表示速度が他のテーマと同様に速くなったと感じられます。

「ブログデザインの知識は無いけど、とにかくブログデザインを素早く終わらせたい!」という方はJIN:Rがオススメです。

まとめ

というわけで、今回は「初心者向けWordPressテーマ3選」をご紹介しました。

ここで紹介したテーマ以外にも、インターネット上では様々なWordPressテーマが多数公開されています。

ぜひ、お気に入りのWordPressテーマを見つけてくださいね。

▼WordPressテーマの追加方法については、以下の記事をお読みください。

≫WordPressテーマを追加&削除する方法【初心者向け】

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました