アイキャッチ画像

ブログやサイトを運営する時に、一番気を付けなければいけないのが「著作権」。しかし、「そもそも著作権とは何か?」を知らない方がまだまだ多いようです。

そこで、今回は「著作権の基礎知識」を、わかりやすく解説していきます。

著作権とは?

著作権とは、以下の定義を表します。

  • 著作物を保護するための権利であること。

ちなみに、著作物の定義は以下の通りです。

  • 作者の思想や感情が創作的に表現したもの。

著作物は、主に小説・漫画・アニメ・ゲーム・テレビ番組などの文学や美術作品全般が該当します。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

もちろん、自分が作ったブログやサイトも著作物にあたるよ。

著作物として含まれないもの

  • アイデア
  • グラフなどのデータ
  • 工業製品

著作権はいつから発生する?

1つの作品が完成した瞬間から著作権が発生します。著作権は誰でも発生するので、子供が描いた動物のイラストでも著作権は発生するのです。

著作権の保護期間について

著作権は、以下の表のように保護期間が定められています。

実名や著名のニックネームの作者が制作した作品作者の死後70年
実名非公開の作者が制作した作品作品の公開後70年
団体で制作した作品作品の公開後70年
映画における作品作品の公開後70年

正しい著作物の使い方

基本的には、他の人が作った著作物を使う場合、必ずその人に許可を取らなくてはなりません。

ただし、以下の具体例のように著作者に許可を取らなくても、著作物を自由に使える場合があります。

私的利用のために著作物を使う

自分または家族だけに使うのであれば、基本的には著作物を自由に使うことができます。ただし、インターネット上に他の人が作った著作物をアップロードする場合、事前に許可を取る必要があります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

他人が作った著作物の画像をSNSアカウントのアイコンとして使っている方も多いが、こういった場合も事前に許可を取らないと、後で大きなトラブルに繋がるよ・・・!

引用として使う

目的として引用する場合は、著作物を引用して使うことができます。ただし、引用をする場合は、以下の条件を満たす必要があります。

・すでに公表されている著作物であること

・「公正な慣行」に合致すること

・報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること

・引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること

・カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること

・引用を行う「必然性」があること

・ 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

引用元著作物が自由に使える場合は? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

著作権の保護期間が切れた著作物を使う

著作権の保護期間は、原則として作者の死後、または作品の公開後70年までです。そのため、70年経過した著作物は原則として自由に使うことができます。

著作権を侵害してしまうと?

もし、著作権を侵害してしまった場合、元の著作者から使用の差し止めや損害賠償を請求される、時には法律で罰せられる可能性があります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

著作権侵害は絶対にダメだよ!

よくある質問

Q1.自分で買ったキャラグッズをブログやSNSにアップしても大丈夫?

A.市販で販売されているキャラクターグッズは、自分でお金を払ってグッズを購入した瞬間から「所有権」が発生します。

そのため、自分で買ったグッズに写真で撮影し、それをブログやSNSに公開することは問題ありません。

ただし、お店に並んでいるグッズを撮影する場合は、必ずお店の人に許可を取りましょう。

また、お店によっては「撮影禁止」と表記されている所もありますので、注意しましょう。

Q2.ブログにアップした画像にキャラクターが含まれているけど大丈夫?

A.このような場合、例外として複製や公衆送信、譲渡などで利用する場合は、元の著作者に許可を取らなくても問題ありません。

○写真を撮影したところ,本来意図した撮影対象だけでなく,背景に小さくポスターや絵画が写り込む場合

○街角の風景をビデオ収録したところ,本来意図した収録対象だけでなく,ポスター,絵画や街中で流れていた音楽がたまたま録り込まれる場合

○絵画が背景に小さく写り込んだ写真を,ブログに掲載する場合

○ポスター,絵画や街中で流れていた音楽がたまたま録り込まれた映像を,放送やインターネット送信する場合

引用元いわゆる「写り込み」等に係る規定の整備について | 文化庁

上記は「写り込み」の対象になる例であり、撮影の対象となる被写体の周辺に、意図しなかった被写体と一緒に写ってしまう場合は、原則として作者に許可を取らなくても使用できる、ということです。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

どうしても心配な場合は、念のため画像編集ソフトなどで加工してからブログにアップロードしよう。

まとめ

著作権は、著作物ができた時点で誰でも発生するものです。ブログやサイトを運営する場合は、他の人の著作権の侵害をしないように、絶対に気を付けましょう!

スポンサーリンク