アイキャッチ画像

フリー素材と聞くと、「無料で、自由に使える」というイメージが大きいですが、実は「フリー素材=自由に使える」ということではありません。

この記事では、「フリー素材使用時の注意点」について解説していきます。

フリー素材にも「使用時のルール」がある

先ほども書きましたが、フリー素材は、単に「自由に使っていい」という事ではありません。

ここでいうフリー素材の定義としては、

  • その作品の著作権は放棄していないが、条件付きであれば自由に使っても構わない

ということを指します。

大抵のフリー素材サイトの場合、利用規約に以下の条件が書かれていることが多いです。

  • クレジット表記が必要か
  • 画像加工しても大丈夫か
  • 商用利用は可能であるか

クリエイティブコモンズとパブリックドメインとは?

クリエイティブコモンズとは、簡単に言えば「一定の条件を厳守した上で、作品を自由に使ってもいい」ということです。

これに対して、パブリックドメインとは、作品の著作権を完全放棄したものをいい、「著作者が死後一定期間経過した」、あるいは「著作者自身が作品の著作権を放棄した」という事です。

フリー素材によっては、素材の詳細ページにクリエイティブコモンズやパブリックドメインの表示が付いている場合がありますので、使用前によく確認しておくことも大事です。

クレジット表記は本当に不要?

見出し画像

「クレジット表記不要」と書かれているフリー素材サイトであっても、細かいルールを設けている場合があります。

必ず、サイトの利用規約をしっかりと確認しておきましょう。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ちなみに、有料素材サイトではクレジット表記が必須のサイトが多いよ!

画像加工はしても大丈夫?

見出し画像

バナーやロゴ、アイキャッチ画像などの素材として使うために、フリー素材を画像編集ソフトなどで加工して使う方も多いですよね。

利用規約に「画像加工禁止」と表記されているフリー素材サイトでは、当然ながらそのサイトで配布されているフリー素材の画像加工はできません。

また、フリー素材サイトから許可されていない画像加工を行った場合、サイトの利用規約に違反してしまうことがあります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

「どの範囲までなら画像加工はOKなのか」についてはサイトによって違うので、利用規約に書かれている内容を確認してね!

商用利用は可能なのか?

見出し画像

将来的にサイトやブログに広告を掲載する予定がある場合は、商用利用が可能なフリー素材サイトを利用することが基本です。

また、「フリー素材は基本的に無料だが、商用利用では禁止、もしくは有料」と表記されているフリー素材サイトもありますので、注意しましょう。

まとめ

ということで、今回は「フリー素材使用時の注意点」についてまとめました。

フリー素材使用時の注意点

  • クレジット表記が必要か
  • 画像加工しても大丈夫か
  • 商用利用は可能であるか

フリー素材にも使用時のルールとマナーがあります。フリー素材を使う前に、一度サイトの利用規約をよく読んでから使うようにしましょう。

スポンサーリンク