アイキャッチ画像

料理やお菓子作りなどに使用して余った小豆の使い道をどうすればいいか悩みますよね。

使わない場合であれば冷凍保存すれば日持ちしますが、出来るだけその日のうちに使い切りたいですね。

そこで今回は、残った小豆(缶)で作る「ホットケーキミックスで簡単!抹茶と小豆スコーンのレシピ」をご紹介します。

抹茶と小豆のスコーンの作り方

残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン

材料

  • ホットケーキミックス:200g
  • ケーキ用マーガリン(または無塩バター):50g
  • 牛乳:大さじ2~3
  • グラニュー糖:大さじ2
  • 小豆(缶):100g
  • 抹茶:小さじ2

※材料をすべて室温に戻しておきます。

手順

1.泡立て器でバターをマヨネーズ状になるまで混ぜてから、グラニュー糖を混ぜ合わせます。

「残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン」の作り方1

2.牛乳を加えて、泡立て器で混ぜ合わせます。

「残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン」の作り方2

3.ホットケーキミックス・抹茶・小豆を加え、ヘラでサックリ混ぜ合わせます。

※ホットケーキミックス、抹茶を茶こしでふるい事前に混ぜておきます。

「残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン」の作り方3

4.生地をラップで丸めながら包み、冷蔵庫で30分間寝かせます。

「残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン」の作り方4

5.ラップをかけたまま麺棒で生地を均等に2cm程度の厚さに伸ばします。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

小豆の水分で生地の硬さが変わるので、牛乳で調整してね!!

麺棒が無ければ、食品用ラップやアルミホイルの芯を麺棒代わりに使うことができるよ!

6.生地を直径5cmの丸型で抜き、余った生地はひとまとめにして再び伸ばし、同様に抜きます。やわらかくなり過ぎたらもう一度冷蔵庫で寝かせます。

「残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン」の作り方5
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

丸型が無いので、コップで抜いているよ。

なお、生地がくっつく時は、型(コップ)に粉をつけながら型抜きしてね!

注意点

生地に打ち粉をすると粉っぽくなりますので、打ち粉をする場合は極力少なくします。

7.オーブン板にクッキングシートを敷き、間隔を空けて並べます。

8.オーブンを180度で予熱します。予熱完了後、オーブンに入れて20分焼きます。

9.焼き上がったらすぐにオーブンから取り出し、粗熱をとったら出来上がりです。

「残った小豆で、抹茶と小豆のスコーン」の作り方・完成
注意点

焼き時間は使用のオーブンによって違いますので、必ず時間調整を行ってください。

焼き上がったらすぐにオーブンからすぐ取り出します。余熱で焼きすぎて硬くなってしまいます。

まとめ

というわけで、今回は「残った小豆(缶)で作る『ホットケーキミックスで簡単!抹茶と小豆スコーン』レシピ」でした。

ホットケーキミックスと余った小豆、抹茶などを使うだけで、簡単に美味しいスコーンを作ることができます。ぜひ、自宅でもお菓子作りで楽しんでみてはいかがですか。

スポンサーリンク