アイキャッチ画像

今回は、グッピー歴12年の私が、「グッピーの飼育を長く楽しむためのコツ」をご紹介します。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

12年前に2ペアを購入して、その子孫を今飼育しているよ。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ところで、「グッピー飼育」を長く楽しむためのコツって知りたいですよね?

グッピーの魅力は

グッピー(オス)
  • 品種も多く、大きくて綺麗なヒレで泳ぐ姿が美しい
  • 繁殖がしやすい
  • 飼育しやすい

グッピーをこれ以上増やさないように飼育する

グッピー水槽

グッピーを飼育していると4~5本の水槽が必要となるでしょう。良いグッピーや系統維持となれば水槽はどんどん必要となります。水槽数が増えれば飼育も費用も大変となり、長く続けるには苦痛なってしまいます。

自分の管理できる水槽の範囲で楽しむのが、長くグッピーの飼育を楽しむコツだと思います。

グッピーの飼育について

グッピーの世話と管理

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

餌やり、水換え、フィルター掃除をしっかり行っているよ。

水槽

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

45cmと60cmの2本の水槽で飼育しているよ。

稚魚水槽は絶対に必要!

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

親が生まれたばかりの稚魚を食べてしまうよ!

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

外掛式のサテライトと水槽内の産卵飼育ネットを使用しているよ。

使用しているフィルター

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

1台より2種類のフィルター併設がおすすめ!

グッピーを病気にさせない飼育は

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

病気になると治すのは難しいので、病気予防が大切!

水槽のお掃除

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

コケ取りやお掃除はコリドラス、オトシンクルスにお手伝いしてもらっているよ。

まとめ

というわけで、今回は「グッピーの飼育を長く楽しむためのコツ」について解説しました。

コツをしっかりとつかめば、2ペアからたくさんの子孫を育てることができるので、グッピーを長く育てるほど楽しみが強くなっていきます。

グッピーは飼育が容易で姿も美しく、繁殖もしやすい熱帯魚ですので、飼ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク