アイキャッチ画像

熱帯魚の飼育にエアレーションは必要なのでしょうか?今回は、エアレーションについて詳しく紹介します。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

まず、以下のような状況で熱帯魚を飼育している場合は、エアレーションが必要だよ。

  • 飼育数が多い
  • ろ過が追いつかない
  • 水温が高い夏場
  • 病気治療の薬浴中
  • ろ過装置が無い

エアレーションとは?

エアーポンプ

エアレーションとは、「水槽水内の溶存酸素量を高める為、エアーポンプを使って水中に空気を送り込むこと」でブクブクと呼ばれています。

エアレーションのメリット・デメリット

メリット

  • 酸欠防止になる
  • 夏場の水温を下げる
  • 水面の油膜を解消する
  • 水流を作る
  • バクテリアが活性化する

デメリット

  • 水はねが起こり、水しぶきが飛散し周りが濡れてしまう
  • 冬場の水温が低下しやすい
  • エアーポンプの音・振動音が気になる
  • 水の流れる音が気になる

水はね対策

トットバブルストッパー(透明なプラ箱)を取り付けて飛沫を防ぎます。

エアレーションの方法

▼投げ込み式フィルター。画像はメダカの水槽で使っているものです。

投げ込み式フィルター

エアーストーンを使って「ぶくぶく」させるやり方以外にも、投げ込み式フィルターでろ過しながらエアレーションすることもできます。

投げ込み式フィルターについては、「グッピーの飼育「投げ込み式フィルターのメンテナンス」」の記事にて解説していますので、あわせてお読みください。

エアレーションが必要な場合

以下のような状況で飼育している場合、エアレーションの使用が必要となります。

飼育数が多い

魚の数が多いと、水槽内の酸素が少なくなって酸欠になりやすくなります。

ろ過が追いつかない

ろ過装置の数が少なくて、ろ過能力が追い付かない場合、エアレーションが必要になります。

携帯用乾電池式エアーポンプ

また、停電などでろ過装置が止まってしまった場合に備えて、電池式エアーポンプを用意しておくと安心です。

グッピー飼育における停電対策については、「グッピーの飼育「停電対策」」の記事にて解説しています。

水温が高い夏場

水槽が高温の場合、酸欠になりやすくなります。必要に応じて冷却ファンと併用するなど、暑さ対策の工夫をしましょう。

暑さ対策については、「グッピーの飼育「夏の暑さ対策」【初心者でもできる】」の記事にて詳しく解説しています。

病気治療の薬浴中

病気の魚を薬浴している場合、エアレーションが必要になります。

ろ過装置が無い

ろ過装置を持っていない場合は、念のためエアレーションをしておくと酸欠防止になり、魚のストレスが軽減します。

エアレーションを使用した飼育の注意点

  • 水流が強くならないように調節する
  • 気泡が小さいエアーストーンを使用する
  • 故障時に備え、予備の本体や部品を準備する

まとめ

グッピー水槽にエアーストーンを使ったエアレーションは絶対に必要というわけではありませんが、万が一問題が発生した場合に備えておくと安心です。

エアレーションは上手く利用すれば、想像以上の効果を発揮してくれます。エアレーションを設置することで、熱帯魚を健康に飼うためのメリットが沢山あります。

必ずしも必要な設備ではありませんが、余裕があればぜひ設置したいですね。

スポンサーリンク