ドメイン名の決め方はたったの2つ!【基礎知識も簡潔に解説】
口コミ用キャラクターアイコン

新しいWebサイトのドメイン名をどう決めたらいいか分からない・・・!

こんな悩み、ありませんか?

ドメインは世界に1つだけのサイトの住所ですので、慎重に決めないといけないものですよね。

今回は、「ドメインの基礎知識と、ドメイン名を決める方法」について、わかりやすく解説いたします。

ドメインとは?

ドメインとは、インターネット上における住所のことを表します。主にホームページアドレス(URL)や電子メールアドレスなどで用いられます。

  • メールアドレス・・・〇〇○@sample.com
  • ホームページアドレス・・・http://www.sample.com/

この「sample.com」の部分がドメインとなります。

「独自ドメイン」と「無料ドメイン」の違い

独自ドメイン自分だけが利用できるドメイン。
無料ドメイン1つの無料ドメインを複数の人が利用するドメインのこと。

「独自ドメイン」「無料ドメイン」には、それぞれ以下のメリット・デメリットがあります。

独自ドメインのメリット・デメリット

メリット

  • サイトの信頼性がある
  • サイトが無くなる心配が無い
  • サーバーを移転してもURLが変わらない
  • 広告による収益性が期待できる
  • 独自ドメインでメールアドレスを持てる
  • SEO(検索エンジン最適化)で有利になる
  • (常識範囲内であれば)自由にサイトを運営できる

デメリット

  • 取得や更新にお金がかかる
  • 取得手続きや設定が必要

無料ドメインのメリット・デメリット

メリット

  • 無料で利用できる

デメリット

  • 原則無料ドメインを発行したサービスでしか使用できない
  • 一つのドメインを複数人で共有して利用しなければならない
  • サービスが終了する可能性がある

ドメイン名の決め方

次に、「ドメイン名の決め方」について解説します。

ドメイン名の決め方は、以下の2つです。

  • 短く、分かりやすい名前にする
  • ブログ/サイトのタイトル名にする
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

では、それぞれ解説していくよ。

短く、分かりやすい名前にする

ドメイン名が長すぎると、ブログやサイトを見た方がそのドメインを覚えるのが難しくなりやすくなりますので、単語は2~3語程度にしておくようにしましょう。

また、ドメイン名に使われる単語が他の方でも分かりやすいものにしておくのも基本です。

ドメイン名に一般的には使われていない単語が含まれていると、他の方がそのサイトのドメイン名を覚えられないこともあります。

そのため、覚えやすい英単語やローマ字にしておくことをおすすめします。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ただ適当で英数字を並べただけの長いドメイン名より、単語やキーワードなどが含まれた短いドメイン名の方が覚えやすいよね。

ブログ/サイトのタイトル名で決める

ブログ/サイト名のタイトル名でドメイン名を決めるのもOKです。

ブログ/サイトのタイトル部分をドメイン名にすることで、ドメイン名からブログやサイトの名前を覚えやすくなるからです。

ドメイン名を決める時によくある質問

ここまでドメイン名の基本的な決め方について解説しました。

最後に、「ドメイン名を決める時によくある質問」について解説します。

  • ハイフンを入れても大丈夫?
  • 数字を入れても大丈夫?
  • ドメイン末尾のTLDは検索結果の順位に影響する?
  • ドメイン名にSEOキーワードは含めた方がいいの?

ハイフンを入れても大丈夫?

答えはYESです。

「ドメイン名にハイフンを入れるとSEOが悪くなる」という意見が多いですが、これは明らかに間違いです。

Googleの公式では以下のように述べています。

URL では区切り記号を使うと効果的です。区切り記号により、ユーザーや検索エンジンが URL に含まれるコンセプトを簡単に識別できるようになります。

引用元:Google Developers「シンプルな URL 構造を維持する」

また、「区切りを入れる場合はハイフンを使用する」ことをGoogleが公表しています。

URL にはアンダースコア _ ではなくハイフン - を使用することをおすすめします。

引用元:Google Developers「シンプルな URL 構造を維持する」

数字を入れても大丈夫?

基本的に問題ありませんが、デメリットもあります。

「ドメイン名に数字は入れないほうがいい」という意見も多いですが、これも基本的には間違いです。

ただ、「数字を含めたドメイン名」の場合、ユーザー側がサイトのドメイン名を打ち間違えやすいリスクが出る可能性もあります。

数字やダッシュを含むドメイン名。数字やダッシュは入力しにくく、ウェブサイトやビジネスに対する信頼感を低下させる可能性があります。

引用元:Google Domains「最適なドメイン名の決め方」

そのため、ドメイン名に数字を含めるかどうかは、最終的にはご自身で判断した方が良いと思います。

ドメイン末尾のTLDは検索結果の順位に影響する?

答えはNOです。

近年ではユニークなTLD(トップレベルドメイン)も登場しており、ブランディングやドメインの空きが多いことから、新しく登場したばかりのTLDに選んだほうが良い、という意見もあります。

ただ、多くの検索エンジンでは、ドメインの末尾が従来のTLDであっても、最近登場したTLDであっても、検索結果の順位ではほぼ影響しないことが基本です。

ドメイン名にSEOキーワードは含めた方がいいの?

答えはNOです。

「ドメイン名にSEOキーワードを入れると検索順位が上がりやすくなる!」という噂がありますが、これはドメイン名にSEOキーワードの有無で検索順位が変わることはほとんどありません。

ただし、先ほど解説したようにドメイン名は「短くて分かりやすい名前」にする方が、他の方にもそのサイトのドメイン名を覚えやすくなりますので、任意でドメイン名にSEOキーワードを入れても構いません。

どうしてもドメイン名が決まらない場合は?

ドメインは早い者勝ちである以上、欲しいドメインが他の方に取得されてしまう可能性もあります。

また、「最初は1つのブログ/サイトだけ運営し、ゆくゆくは複数のブログやサイトを運営していきたい」というケースもあります。

その場合は、ドメイン名を「自分のニックネーム(名前)」にすることをオススメします。

口コミ用キャラクターアイコン

自分のニックネームをドメイン名にするの?

と疑問を抱く方もいますが、個人ブログなどを見ればニックネームや名前をドメイン名にしている方も多いと思われます。

また、自分のニックネーム(名前)をドメイン名にすることで、複数のブログやサイトでの使い回しがしやすくなります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

当ブログのドメイン名も、自分のニックネームにしているよ。

まとめ

今回は、「ドメインの基礎知識と、ドメイン名を決める方法」について解説しました。

  • ドメイン名は短くて分かりやすいものにする(WebサイトやブログのタイトルでもOK)
  • ドメイン名にハイフンを入れても問題ない
  • ドメイン名に数字を入れても構わないが、デメリットもある
  • ドメイン末尾のTLDは検索結果の順位に影響しない
  • ドメイン名にSEOキーワードを含めるかどうかは任意

一度決めたドメイン名は変更することはできませんので、ドメイン決めで失敗しないように、慎重に考えておきましょう。

ただし、ドメインの取得は早い者勝ちなので、ドメイン名が決まったら、なるべく早めにドメイン取得しておくことをオススメします。


スポンサーリンク