Webサイト・ブログ

ドメインとサーバーの取得・連携方法を解説

アイキャッチ画像

今回は、「ドメインとサーバーの取得・連携方法」をわかりやすく解説していきます。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

「ドメインやサーバーって何?」という方は、以下の記事をそれぞれ読んでね!

ドメインの取得方法

見出し画像

トップレベルドメインを決めよう

最初に、トップレベルドメインを決めます。

トップレベルドメインとは、以下の3つに分かれます。

  • 分野別トップレベルドメイン:誰でも取得できるドメイン。(例;「.com」「.net」)
  • 国コードトップレベルドメイン:国・地域ごとに割り当てられたドメイン。
  • 属性型JPドメイン名:取得可能な組織のみ限られるドメイン。(例:「co.jp」)

独自ドメインを決めよう

トップレベルドメインを決めた後は、独自ドメインを決めておきましょう。

例:http://www.sample.com/

※赤い文字が独自ドメイン部分となります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ドメインは、短くて分かりやすい名前にした方がいいので、よく考えておこう。

ドメイン名で使える文字の種類

  • 半角英数字
  • ハイフン

「ムームードメイン」「お名前.com」など、ドメインを提供しているサイトで独自ドメインを検索し、そのドメイン名が既に使われていないか確認を行います。

「取得できません」と表示されている場合は、そのドメインは既に他の方が取得されている状態です。ドメインの文字数を少し長くするなど、工夫をしていきましょう。

取得可能であれば、ドメインをカートの中に入れます。

ドメインの契約をする

ドメインの取得準備ができたら、いよいよドメインの契約です。

必要事項などを入力し、クレジットカードなどでドメインの費用を支払ったら、ドメインの取得完了です!

「Whois」とは

データベースに公開するために必要な情報です。

ドメインの会社によっては契約者の情報を非公開にする「whois代理公開」があります。ドメインを契約する場合は、特別な理由がない限り「whois代理公開」に選択しておくことをオススメします。

ドメイン情報認証メールが届いた場合、期限日前にドメインの認証手続きをする必要があります。

スポンサーリンク

サーバーの取得方法

見出し画像

レンタルサーバーは、プランによってサービス内容が変わってきます。

自分にあったプランを決める

レンタルサーバーは新規取得や更新時などの費用がかかります。

個人のWebサイトを作る目的の場合は、価格が安いプランでも十分です。複数のサイトを運営したい場合や、WordPressでブログを運営したい場合は、スタンダート以上のプランがオススメです。

利用目的に応じて、どのプランが合うかどうかしっかりと調べておきましょう。

サーバーを契約する

プランを決めたら、あとは必要事項を入力します。登録後、一定期間の間は無料お試し期間となっており、その間は無料でサーバーの機能を試すことができます。

問題がなければ、無料期間中に本契約を済ませましょう。サーバーの初期費用と月額費用を支払いが完了したら、サーバーの取得完了です!

ドメインとサーバーを連携させる

見出し画像

ドメインとサーバーの取得が完了したら、最後にドメインとサーバーの連携を行います。

ほとんどのレンタルサーバーでは、最初からネームサーバーの設定が完了されていますが、レンタルサーバーを契約した会社とドメインを取得した会社が異なる場合、改めてネームサーバーを設定する必要があります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

レンタルサーバーを提供している会社によって、ネームサーバーの設定方法が異なるよ。

ネームサーバーの設定が無事に完了したら、ドメインとサーバーの連携は完了です!お疲れさまでした!

まとめ

というわけで、今回は「ドメインとサーバーの取得・連携方法」を解説しました。

一見難しそうだと思いますが、慌てず順番に作業しておけば簡単です。これからWebサイトやブログを始めたい方は、今回の記事が参考になれば幸いです。

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事