スイーツ

天ぷら粉で簡単!「アイスボックスクッキー」レシピ

アイキャッチ画像

ステイホームで需要が増えているためホットケーキミックスはもちろん、その原料の1つである小麦粉・バターも品薄で、なかなか買えない状態です。

天ぷら粉には、「小麦粉・デンプン・卵・ベーキングパウダー」などが入っていますのでお菓子作りに便利な原材料がいろいろとふくまれています。

今回は天ぷら粉とオリーブオイルを使って作る「アイスボックスクッキー」のレシピ紹介いたします。

アイスボックスクッキーとは

棒状の生地を、冷蔵庫または冷凍庫で冷やして、包丁で輪切りにして焼いたクッキーです。型抜き不要なのでとっても簡単です。

天ぷら粉で「アイスボックスクッキー」の作り方

天ぷら粉でアイスボックスクッキー
みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
さっそく、「アイスボックスクッキー」の作り方を解説していくよ~。

材料

  • 天ぷら粉:100g
  • オリーブオイル(サラダ油):40g
  • グラニュー糖:40g
  • 卵黄:1個
  • バニラエッセンス:数滴

固形バター代わりにオリーブオイル(サラダ油)を使う時の分量は、オリーブオイルが多いと生地が柔らか過ぎてしまいます。バターの6割程度を目安にお好みで調整するとよいでしょう。マーガリンの場合は同量です。

手順

1.卵を溶いて、グラニュー糖を泡立て器で混ぜ合わせます。

「天ぷら粉でアイスボックスクッキー」の作り方1

2.オリーブオイルを入れて泡立て器で混ぜ合わせます。

3.てんぷら粉を加え、バニラエッセンスを入れてヘラで混ぜ合わせます。

「天ぷら粉でアイスボックスクッキー」の作り方2

4.生地をラップに包み棒状にして冷蔵庫で1時間以上寝かせ、切り分ける硬さになるまで冷やします。

「天ぷら粉でアイスボックスクッキー」の作り方3

5.ラップをはがして、5mm厚さに切り分けます。

みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
カットしている間に生地が柔らかくなってしまう場合は、再度冷蔵庫で冷やしてから焼くときれいに仕上がるよ!

6.オーブン板にクッキングシートを敷き、間隔を空けて並べます。

「天ぷら粉でアイスボックスクッキー」の作り方4
みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
生地は焼くと広がるので、くっつかないよう間隔をあけて並べてね!

7.オーブンを180度で予熱します。予熱完了後、オーブンに入れ17分焼きます。

焼き時間は使用のオーブンによって違いますので、必ず時間調整を行ってください。

8.焼き上がったらすぐにオーブンから取り出し、粗熱をとったら出来上がりです。

「天ぷら粉でアイスボックスクッキー」の作り方5

焼き上がったらすぐにオーブンからすぐ取り出します。余熱で焼きすぎて硬くなってしまいます。

スポンサーリンク

豆知識

バターない時の代用にオリーブオイルを使うメリット・デメリット

メリット

  • バターよりもあっさりした風味で、軽い食感になる
  • 美容・健康効果が期待できる

デメリット

  • バターのような風味がない
  • オリーブオイルの風味が出るので、お菓子作りに向かないこともある

まとめ

というわけで、今回は「天ぷら粉で簡単!アイスボックスクッキー」のレシピをご紹介しました。

普段天ぷらしか使わない天ぷら粉ですが、今回のように色々なお菓子作りにも適しています。バターを使用した場合、手順が少し変わります。

小麦粉やホットケーキミックスが無くても、天ぷら粉での代用品で楽しくお菓子作ることができますよ。(*^_^*)

アイキャッチ画像
お菓子作りで使える代用品【薄力粉・ホットケーキミックス・バター無しでもOK】新型コロナの影響で薄力粉・ホットケーキミックス・バターも品薄で、なかなか買えない状態です。それでも、「お菓子作りをしたい!」という方のために、今回はお菓子作りで困らない代用品をご紹介いたします。...
ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事