当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

ミルクコーヒーとカフェオレの違い【誰でもわかる】

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線

カフェのメニューでよく出てくる「ミルクコーヒー」「カフェオレ」。でも、ミルクコーヒーとカフェオレの違いは何なのか、分からない方も多いですよね。

今回は「ミルクコーヒーとカフェオレの違い」を調べてみました。

まず、先に結論を簡単に言いますと、

  • ミルクコーヒーとカフェオレの共通点:ドリップコーヒーにミルクを入れた飲み物
  • ミルクコーヒー:コーヒーとミルクの割合が2対8で入っている
  • カフェオレ:コーヒーとミルクの割合がほぼ半分になっている

ということになります。

ミルクコーヒーとカフェオレの違い

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

それでは、「ミルクコーヒー」と「カフェオレ」の違いを、誰でも分かりやすく解説していくよ~。

ミルクコーヒー

ミルクコーヒーとは、ドリップコーヒーにミルクを入れた飲み物のことを指します。

コーヒーとミルクの割合は、2対8となっているため、昔懐かしいコーヒー牛乳の味わいが感じられます。

カフェオレ

カフェオレ

一方、カフェオレもミルクコーヒーと同様に「ドリップコーヒーにミルクを入れた飲み物」のことを指しますが、ミルクコーヒーとの違いは、コーヒーとミルクの割合がほぼ半分になっている(つまり、コーヒーとミルクが4:6、または5:5で入っている)ことです。

つまり、まろやかなコーヒーの味わいを楽しむことができます。

>>カフェオレのおいしい作り方【誰でもできる】

なお、「カフェオレ」に似た飲み物として「カフェラテ」があります。「カフェラテ」は、エスプレッソにミルクを入れた飲み物のことを指すため、「カフェオレ」とは少し異なります。

「ミルクコーヒーとカフェオレの違い」比較表

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ミルクコーヒーとカフェオレの違いを、以下の表でまとめてみたよ!

ミルクコーヒードリップコーヒーにミルクを入れた飲み物。
コーヒーとミルクの割合は2対8。
昔懐かしのコーヒー牛乳の味を楽しめる。
カフェオレミルクコーヒーと同様、ドリップコーヒーにミルクを入れた飲み物。
コーヒーとミルクの割合は4対6、または5対5。
まろやかなコーヒーの味を楽しめる。

まとめ

というわけで、今回は「ミルクコーヒーとカフェオレの違い」を解説しました。

ミルクコーヒーとカフェオレは、どちらも「ドリップコーヒーにミルクを入れた飲み物」だと思いがちですが、実はコーヒーとミルクの割合がそれぞれ違うので、ミルクコーヒーは昔懐かしいコーヒー牛乳の味わい、カフェオレはまろやかなコーヒーの味わいが感じられます。

今回の記事が参考になればと思います。(*^_^*)

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました