コーヒー・カフェ

カフェオレのおいしい作り方【誰でもできる】

アイキャッチ画像

コーヒーの香りとミルクのまろやかな味わいが引き立てるカフェオレ。せっかくだから自分で作ってみようと思っても、「どうすればおいしいカフェオレができるか分からない・・・」と悩みますよね。

そこで、今回は、「カフェオレのおいしい作り方」を、分かりやすく解説していきます。

まず、結論でいえば「カフェオレをおいしく作るコツ」は以下の通りとなります。

  • コーヒーの量は多めに
  • 抽出時間は長くする
  • (豆から挽く場合)いつもより細かく挽く
  • (ホットの場合)牛乳は事前に温めておく
  • 牛乳以外のミルクを使うことも検討する

カフェオレの作り方

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

この作り方ではペーパードリップ式でカフェオレを作っているけど、フレンチプレスで作る方がカフェオレをおいしく作ることができるよ!

用意するもの

  • コーヒー豆(またはコーヒー粉)
  • 80~90度で温めたお湯
  • 牛乳(豆乳など、牛乳以外のミルクに代用可能)
  • 氷(アイスで作る場合)

ホットカフェオレの作り方

1.コーヒーミルでコーヒー豆を挽きます。

コーヒー豆を入れたコーヒーミル

2.コーヒーサーバーにフィルターをセットし、フィルターにコーヒー粉(または挽いたコーヒー豆)を入れます。

コーヒー粉を入れたコーヒーサーバー

3.お湯をコーヒーにかけて抽出します。

コーヒーをドリップしている様子

4.マグカップにコーヒーを淹れます。

マグカップにインスタントコーヒーを淹れる

5.コーヒーを淹れたマグカップに、温めた牛乳を入れたら完成!

カフェオレ

アイスカフェオレの作り方

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

アイスで作る場合は、お湯の量は少なめにして作ってね!

1.フィルターにコーヒー粉を入れてセットし、お湯をかけて抽出します。

2.グラスに氷を入れます。

氷を入れたグラス

3.お湯で抽出したコーヒーをグラスに入れます。

グラスにアイスコーヒーを入れる

4.牛乳を入れて混ぜ合わせたら完成!

アイスカフェオレ
スポンサーリンク

カフェオレをおいしく作るコツ

カフェオレをおいしく作るコツは、以下の5つです。

コーヒーの量は多めに

コーヒー豆やコーヒー粉の量を、通常より約1.5倍増やし、かつお湯の量は変えないで抽出することで、濃い目のコーヒーが出来上がります。

抽出時間は長くする

今回はペーパードリップ式でカフェオレを作りましたが、フレンチプレスを使えば抽出時間が長くなり、濃いコーヒーを抽出することができます。

フレンチプレスで抽出する適正時間は4分。抽出する時間が長くなると雑味が出てしまいます。

(豆から挽く場合)いつもより細かく挽く

いつもの挽き目より、さらに細かく挽くことで、コーヒーが抽出しやすくなります。

(ホットの場合)牛乳は事前に温めておく

事前に牛乳を温めておくと、カフェオレを作る手間がかかりません。

温かい牛乳の適正温度は60度前後。鍋で温める場合は、温めすぎて沸騰しないように気をつけましょう。

牛乳以外のミルクを使うことも検討する

牛乳以外にも、豆乳やアーモンドミルクなどの様々なミルクが販売されています。牛乳の代わりに入れてみると、普通のカフェオレとは違った味わいが楽しめます。

終わりに

というわけで、今回は「カフェオレのおいしい作り方」を解説しました。

コーヒーの濃さや量、牛乳の温度などによって、よりおいしいカフェオレを作ることができます。

ぜひ、おいしいカフェオレ作りに挑戦してみてはいかがでしょうか。(*^_^*)

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事