アイキャッチ画像

夏は冷たいアイスコーヒーを飲んで、気分をリフレッシュしたい方も多いですよね。しかし、夏の暑さでアイスコーヒーの氷がすぐに溶け、コーヒーの味が薄くなってしまいます。

今回は、氷が溶けても薄くならずに、ゆっくりおいしく味わうことができる「氷コーヒー」レシピをご紹介します。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

コーヒーや牛乳を製氷皿で凍らしてから、冷たいコーヒーや抹茶ラテなどに入れると、冷たくてとてもおいしいよ!

氷コーヒー

氷コーヒー

材料

氷コーヒーの材料
  • 氷コーヒー(アイスコーヒー(UCCアイスコーヒー無糖)を製氷皿でコーヒーを凍らせます):適量
  • ガムシロップ:適量

ポイント

アイスコーヒーに氷コーヒーとガムシロップを入れるだけで、氷が溶けてもアイスコーヒーは薄くならず、氷アイスコーヒーの美味しさ味わうことができます。

氷カフェオレ

氷カフェラテ

氷コーヒーに牛乳とガムシロップを入れるだけで、ゆっくりと氷コーヒーが溶け出し、冷たい氷カフェオレを味わうことができます。

氷抹茶ラテ

氷抹茶ラテ

材料

  • 氷抹茶(抹茶を製氷皿で抹茶を凍らせます):適量
  • ガムシロップ:適量

ポイント

氷抹茶に牛乳とガムシロップを入れるだけで、ゆっくりと氷抹茶が溶け出し、爽やかな氷抹茶ラテを味わうことができます。

まとめ

というわけで、今回は「夏にピッタリ!氷コーヒー3選」レシピをご紹介しました。

コーヒーや牛乳を凍らしてから、冷たいコーヒーやラテに入れて飲むので、暑い夏はおすすめです。いろいろなドリンクにアレンジできますので、レシピを工夫して、みなさんも楽しんでください。

スポンサーリンク