アイキャッチ画像

カフェのメニューでお馴染みのドリップコーヒーですが、それに似たコーヒーに「エスプレッソ」があります。

でも、「ドリップコーヒーとエスプレッソって、違いが分からない・・・」と思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、「ドリップコーヒーとエスプレッソの違い」を調べてみました。

まず、結論を簡単に言いますと、

  • ドリップコーヒー:コーヒー粉をお湯にかけてろ過し、コーヒー豆の成分を抽出するコーヒー。
  • エスプレッソ:専用マシンで圧力を高くし、熱湯の水蒸気でコーヒー粉を瞬時にお湯を通すコーヒー。
  • エスプレッソ:専用マシンで圧力を高くし、熱湯の水蒸気でコーヒー粉を瞬時にお湯を通すコーヒー。

ということになります。

ドリップコーヒーとエスプレッソの違い

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

では、ドリップコーヒーとエスプレッソの違いを、分かりやすく解説していくよ~。

ドリップコーヒー

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーは、コーヒー粉をお湯にかけてろ過をすることで、コーヒー豆の成分を抽出するコーヒーのことを指します。

ポットからゆっくりとお湯を注ぐ「ハンドドリップコーヒー」が基本ですが、コーヒーメーカーで作ることも多いようです。

コーヒー豆の挽き方やお湯を注ぐ速さ、抽出の時間などによって、コーヒーの香りや味も変わる部分も、ドリップコーヒーならではの魅力があります。

なお、ドリップコーヒーと似た言葉に「インスタントコーヒー」があります。インスタントコーヒーとは、コーヒー抽出液を乾燥させて水分を取り除いたものを指します。

インスタントコーヒーの場合、味や香りは通常のドリップコーヒーより劣りますが、忙しくてドリップコーヒーを作る時間が無い方でも、手間なくコーヒーを作ることができます。

エスプレッソ

一方、エスプレッソは特殊なマシンで圧力を高くかけ、熱湯の水蒸気の力を利用してコーヒー粉にお湯を一気にかけて抽出するコーヒーのことを指します。エスプレッソはイタリア語で「急行」を意味します。

エスプレッソ専用マシンで抽出されたコーヒーは雑味が無いため、コーヒー豆本来の苦みなどの本場の味が楽しめます。

ドリップコーヒーとエスプレッソの比較表

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ドリップコーヒーとエスプレッソの違いを、表にまとめてみたよ!

ドリップコーヒー
  • コーヒー粉をお湯にかけてろ過をすることで、コーヒー豆の成分を抽出するコーヒー。
  • コーヒー豆の挽き方やお湯を注ぐ速さ、抽出の時間などによって、コーヒーの香りや味も変わる。
エスプレッソ
  • 特殊なマシンで圧力を高くかけ、熱湯の水蒸気の力を利用してコーヒー粉にお湯を一気にかけて抽出するコーヒー。
  • 雑味が無く、コーヒー本来の苦みなどが楽しめる。

まとめ

というわけで、今回は「ドリップコーヒーとエスプレッソの違い」を解説しました。

ドリップコーヒーとエスプレッソは一見同じコーヒーですが、コーヒーを抽出する時に使う器具や、抽出後の味や香りはそれぞれ異なります。

今回の記事が参考になれば、と思います。(*^_^*)

スポンサーリンク