コーヒー・カフェ

コーヒーの「ブレンド」と「アメリカン」の違い【誰でもわかる】

アイキャッチ画像

カフェのメニューでよく見かける「ブレンドコーヒー」「アメリカンコーヒー」。そもそも、ブレンドとアメリカンの違いって何なのかご存じでしょうか?

今回は、「コーヒーにおける『ブレンド』と『アメリカン』の違い」を調べてみました。

まず、簡単に結論を言えば、

  • ブレンドコーヒー:複数のコーヒー豆に割合を当てて配合したコーヒー。
  • アメリカンコーヒー:浅挽きのコーヒー豆と多めのお湯を入れたコーヒー。

のことをいいます。

ブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーの違い

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

それでは、ブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーの違いを、分かりやすく解説していくよ~。

ブレンドコーヒーとは

ドリップコーヒー

ブレンドコーヒーとは、様々な産地のコーヒー豆を複数用意し、それらの割合を調整してから配合し、焙煎したコーヒーのことをいいます。

通常、1種類のコーヒー豆だけで配合する場合は「ストレート」と呼ばれ、複数のコーヒー豆を一定の割合で配合したものは「ブレンド」と呼ばれます。

ブレンドコーヒーは、「自分だけの味や、今までにない新たな味を作る」目的の他、「コーヒー豆の品質や価格を維持する」役割にも果たしています。

アメリカンコーヒーとは

一方、アメリカンコーヒーとは、浅挽きで焙煎したコーヒー豆に、多めのお湯を入れたコーヒーのことを呼びます。略称では「アメリカン」と呼ばれます。

なお、「アメリカンコーヒー」と似た飲み物に「アメリカーノ」がありますが、こちらはエスプレッソにお湯を加えたものを指します。

余談ですが、日本でアメリカンコーヒーが普及した際、「アメリカンコーヒーは、コーヒーをお湯で薄めたもの」という誤解が生まれてしまったそうです。(^_^;)

コーヒーの「ブレンド」と「アメリカン」の比較表

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

「ブレンドコーヒー」と「アメリカンコーヒー」の違いを、以下の表でまとめてみたよ!

ブレンドコーヒー
  • 複数の産地のコーヒー豆を用意し、それらの割合を調整してから配合・焙煎したコーヒー
  • 好みの味や、新たな味を作ることができる
  • コーヒー豆の品質と価格の維持・安定の役割を持つ
アメリカンコーヒー
  • 浅挽きで焙煎したコーヒー豆に、多めのお湯を入れたコーヒー
  • 「コーヒーにお湯を薄めたもの」の意味は間違い
スポンサーリンク

まとめ

というわけで、今回は「コーヒーにおける『ブレンド』と『アメリカン』の違い」をまとめてみました。

繰り返しとなりますが、ブレンドコーヒーは「複数のコーヒー豆の割合を決めて配合したコーヒー」、アメリカンコーヒーとは「浅挽きのコーヒー豆と、お湯を多めに入れたコーヒー」のことを指します。

今回の記事が参考になればと思います。(*^_^*)

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事