メダカの屋外飼育「エアーポンプは必要か」

メダカの屋外飼育でエアーポンプが必要かと聞かれたら、無くても大丈夫と答えます。

我が家ではエアーポンプを使用していないビオトープ水槽と、エアーとエアーポンプを使用している水槽があります。

自分の飼育スタイルに合わせて、エアーポンプを使い分ければいいと思います。

メダカ飼育でエアーポンプ(フィルター)を使う/使わない理由は?

エアーポンプ(フィルター)を使う理由

  • 水槽の大きさに対してたくさんのメダカを飼育したい。
  • 水中の酸素不足を防いでくれる。
  • 夏場の水温上昇を抑えることができる。
  • 冬場の凍結防止にもなる。

エアーポンプ(フィルター)を使わない理由

  • 小さいエアーポンプは室内用しか販売されていない。
  • 大きな容器でゆったりと飼育する。
  • 屋外飼育は自然の形(ビオトープ)で飼育を楽しみたい。
  • 屋外にエアーポンプ用電源がないのでエアーポンプを設置できない。
  • 費用がかかる。
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

小さいタイプで屋外兼用のエアーポンプがあれば、もっと効率よく飼育を楽しむことができるけどね。。。

まあ、どっちも一長一短あるよね。

エアーポンプの使い方

  • エアーストーン(いわゆる「ぶくぶく」)をつけて水中に酸素を含ませる。
  • 投げ込み式ろ過フィルターを使用できる。(エアーレーション効果がある)
  • 底面式ろ過を使用できる。(エアーレーション効果がある)

ガラス水槽は底面式ろ過を使用

屋外メダカ水槽の底面式フィルター

睡蓮鉢は投げ込み式ろ過フィルターを使用

投げ込み式フィルターでエアレーション中の屋外メダカ水槽
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

投げ込み式ろ過フィルターは、屋外メダカのエアーレーションにピッタリだよ!理由については、以下の記事を読んでね!

エアーレーションは浄化槽用ブロアーを使用

屋外メダカ エアーポンプ

一番小さいタイプでも風量30㎥か40㎥ありますので、圧力がありすぎてエアーチューブに負担がかかり、たまに亀裂を起こしています。

対策としてコックを余分につけて、エアーを逃がす工夫をして使用しています。

まとめ

メダカの屋外飼育「エアーポンプ」は、自分の飼育スタイルで選択すればよいと考えています。

屋外でたくさんの水槽にまとめてエアーレーションするようになると、エアーポンプだけでは不足するので、屋外専用の浄化槽用ブロアーが必要になっていきます。

エアーポンプ自体はランニングコストが少なく、メンテナンスも楽です。

メダカ水槽にエアーポンプを入れようと考えている方は、今回の記事を参考になれば幸いです。

スポンサーリンク