アイキャッチ画像
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

前のミキサー購入から10年が経ち、寿命が来たみたい。。。

イワタニ、パナソニック、タイガーなどのメーカーを比較検討した結果、象印製を購入しました。後悔しないミキサー選びをしたい人は参考にしてくださいね。

ミキサーを選ぶポイントは?

  • 人数分に合わせた容量を選ぼう⇒1人200~400㎖程度
  • スムジーを作りの場合ワット数を確認.⇒200W以上で氷対応
  • 洗いやすくお手入れしやすいもの⇒キサーを楽しく長く使う秘訣
  • 安全機能⇒誤動作防止、2段階ロック
  • 静音性⇒マンション、アパート住まい(ワット数が大きいほどミキサーの音量も大きくなる)
  • デザイン性
  • 価格

購入の決め手は?

長年愛用していて特に不満もなく、分解もでき、クリーニングボタンで簡単にお手入れができることから、後継機種の象印製としました。

現在使用中

ZOJIRUSHI ミルつきミキサー ミキサーBM-HS08型

ZOJIRUSHI ミルつきミキサー ミキサーBM-HS08型

今回購入

ZOJIRUSHI ミキサーBM-RT08型

ZOJIRUSHI ミルつきミキサーBM-RT08型

前モデルより取っ手の部分が大きくなっていましたがスペックについてはほぼ同じです。

クリーニングボタンがある

ZOJIRUSHI ミルつきミキサーBM-RT08型

台所用中性洗剤と水を入れてクリーニングボタンを押すだけで、手では洗いにくい刃のまわりまで洗浄でき、あとは水洗いするだけできれいになり手入れが楽です。

容器台が外せる

ZOJIRUSHI ミルつきミキサーBM-RT08型

ガラス容器と容器台が取り外せるので、さらにきれいに洗うことができます。

ガラス容器

容器がガラスですので、クリーニングボタンだけで汚れが落ちます。また、具材の匂い移りが少なく衛生的です。

パワーがあります

容器にスムージーの材料を入れたミキサー

氷も砕けるので、冷凍フルーツを入れてスムジーを作るのに大活躍しています。

ミルが付いている

ミル付きは値段も高いですので、使わない方は付いてないタイプを選択するとよいでしょう。

粉砂糖作りによく利用しています。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

フラッシュボタンは?

容器にスムージーの材料を入れたミキサー

氷をはじめに砕く時とか、スムジーで少し粘りがあった場合は、牛乳を少し加えてからちょっとした攪拌(かくはん)に使っています。

容量が750ml

いつも2人分を作っています。家族3~4人分のスムジーを作るには充分な容量です。

とにかく安全である

ハンドル部とフタ部分にそれぞれロックがついた安全ダブルロック構造と、故障を防ぐモーター、加熱を防ぐ「入れすぎストップ機能」が付いています。フタ部分のロックが前のモデルからさらに追加となり、より安全になっていました。

容器の上部にふたがあるので便利

デザイン性が良いタイプはふたがないので注意!

ほうれん草などの葉野菜はミキサー内で空回りしがちですので、その時は停止してからフタを開けて混ぜることができます。スムジーなどで少し粘りがあった場合は、牛乳を少し加えて再攪拌できます。

まとめ

ミキサー選びについては、今使用しているタイプに不満がなければ、後継機種を選択すると失敗が無いでしょう。また、他のメーカーとも比較検討して選ぶと良いです。

スポンサーリンク