アイキャッチ画像

イラストレーション感覚で、ペンで操作する「ペンタブレット(いわゆる、板タブレット)」。最近ではタッチペンに対応した液晶タブレットが販売されているので、初めてペンタブを買う時にどれを購入したらいいか分からない方も多いですよね。

まず結論から言うと、最終的にはご自身の判断で選んだほうが良いと思います。

この記事では、「ペンタブレットと液晶タブレットの違い」を、分かりやすく解説していきます。

ペンタブレット(板タブレット)

ワコム製ペンタブレット

ペンタブレットとは、パソコンのUSBに繋げ、専用のペンなどで操作してイラストを描く製品のことをいいます。

最近のタブレットはパソコンとワイヤレスで接続できる製品もあるので、コードレスで使うこともできます。

メリット

  • 価格が安い
  • 本体が軽いので、持ち運びに便利

デメリット

  • 慣れが必要

液晶タブレット

2in1パソコン

液晶タブレットとは、ペンタブレットにモニターを取り付けた製品の事で、パソコンの画面にタッチペンなどで直接操作することができます。

既にiPadなどのタブレット端末や2in1ノートパソコンをお持ちであれば、液晶タブレット代わりとしてイラストを描くこともできます。

2in1パソコンとは?

パソコンの機能とタブレットの機能が両方使うことができるパソコンのこと。

メリット

  • 画面に直接操作することができる
  • 本体の角度を変えてイラストを描くことができる
  • 他のモニターに繋げて表示することができる

デメリット

  • 本体が重い
  • モニターが必要
  • 価格が少し高め
  • 体への負担が大きい(目が疲れる、肩こりしやすい、など)

結局どっちがおすすめなの?

ここまでペンタブと液晶タブレットの違いを解説しましたが、「じゃあ、結局どっちがオススメなの?」と思う方もいらっしゃいますよね。

でも、私の場合は、ご自身で判断して選んだほうが良いと思います。

こんな方はペンタブレット(板タブレット)がオススメ!

  • 今すぐペンタブを使いたい方
  • 安いペンタブを探している方

こんな方は液晶タブレットがオススメ!

  • 初めてペンタブに触れる方
  • デジタルイラストを描くのが初めての方

ただ、液晶タブレットでも、オーソドックスなペンタブレットでも、操作に慣れるまでには個人差があります。ですから、お店で展示されているペンタブの操作を体験し、実際の操作感などを確かめてから、予算などを含めて自分で決めた方が後悔しないと思います。

私の場合

私の場合、最初はワコム製のペンタブレットを購入しましたが、パソコンの画面を見ながらペンで操作しなければならなかったので、ペンタブの操作に慣れるのにとても難しいと感じました。

大学2年の頃にペン対応の東芝(現:Dynabook)製2in1ノートパソコンを購入し、専用タッチペンでイラストを描いたら、ペンタブが苦手な私でも直感的に操作できたので、液晶タブレット(というか、ノートパソコン)にして良かったと感じました。

まとめ

というわけで、今回は「ペンタブレットと液晶タブレットの違い」について解説しました。

ペンタブレット(板タブレット)と液晶タブレットは、それぞれメリット・デメリットがあります。ただ、冒頭にも書いた通り、最終的には自分で判断して購入した方が良いです。

今回の記事が、参考になればと思います。

スポンサーリンク