アイキャッチ画像

今年(2020年)もメダカにとって試練の冬を迎えました。屋外で飼っているメダカの冬越し対策をしっかりとしないと、次の春を迎えられずに死んでしまうことがあります。

この記事では、「2020年における、我が家で行ったメダカの冬越し対策」について解説していきます。

我が家で行ったメダカの冬越し対策

  • ガラス水槽に断熱シートを巻く
  • 水草を多めに入れる(柿の葉は必要なし)
  • 睡蓮鉢の網の上にビニールを被せる
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

これらは、初心者でも簡単にできるよ!

ガラス水槽は

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

今年も、12月から窓ガラス断熱シートで対策しているよ。

断熱シートで覆った、屋外メダカのガラス水槽
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

詳しくは、こちらの記事を読んでね!

柿の葉は必要?

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

水草が入っていれば、柿の葉はなくても大丈夫!

水草を入れている、屋外メダカのガラス水槽
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

どうしても柿の葉を入れたい場合は、事前に水草を多めに入れておくと、アオミドロが発生しにくくなるよ!

陶器製水槽(睡蓮鉢)は

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

今年は、12月中旬から網の上からビニールをかけているよ。

ビニールで被せた屋外メダカ水槽
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ビニールを被せるだけでも、雨や雪、落ち葉などのゴミ対策になるよ!

まとめ

というわけで、今回は「2020年における、我が家で行ったメダカの冬越し対策」について紹介しました。

今回、我が家で行ったメダカの冬越し対策は、以下の通りとなります。

  • ガラス水槽に断熱シートを巻く
  • 水草を多めに入れる(柿の葉は必要なし)
  • 睡蓮鉢の網の上にビニールを被せる

あとは、冬眠中はエサやりや水換えはしないで、そっとメダカを見守るだけで、次の春を迎えることができます。

いずれも、初心者でも簡単にできますので、余裕があれば試してみてくださいね。

スポンサーリンク