アイキャッチ画像

我が家ではメダカの屋外飼育に「睡蓮鉢」「ガラス水槽」を使用しています。しかし、ガラス水槽は外気の温度がすぐに影響し、夏は温度が高くなり、冬は凍結の恐れもありますので屋外ではおすすめできません。どうしても使用する場合は、しっかりと対策することが必要です。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

底面フィルターのおかげで今まで凍ることはいちどもなかったよ!!

我が家の水槽の紹介

ガラス水槽の概要

屋外メダカ水槽
  • 60㎝深さ36㎝の枠付きガラス水槽
  • 底砂は大磯砂を使用している
  • 底面フィルターを使用している
  • 石、水草等でメダカの隠れ場所を確保している
  • 窓用の防虫網をかけている
  • 雨対策は特にしていません
  • 夏対策はすだれを掛けている

睡蓮鉢の概要

緑色アーチ型支柱を取り付けた後の屋外メダカ水槽
  • 高さ40cm、深さ30㎝の陶器製
  • 底砂は大磯砂を使用している
  • 投げ込み式フィルターを改造して使用している
  • 石、水草等でメダカの隠れ場所を確保している
  • 窓用の防虫網をかけている
  • 雨対策はビニールをその都度かける
  • 夏対策はすだれを掛けている
注意点

水槽はある程度の大きさと深さがあるものを選びましょう。

メダカは水槽の表面が少し凍っても大丈夫です。凍った場合は割らないでそのままにします。さすがに底まで凍ると死んでしまいます。

ガラス水槽凍結防止する方法として

ガラス水槽の凍結を防ぐ方法としては、以下の通りです。

  • 発泡スチロール箱に中に水槽を入れる
  • 小さい水槽用のビニールハウスを作る
  • 水槽に直接断熱効果があるシートを張り付ける
  • エアーレーションで水流をつくる

困ったときはすぐダイソーに行きましょう

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ダイソーで探そう!

「ワイヤーネット」、「プチプチ(窓ガラス断熱シート)」を見つけて購入しました。困ったときにはダイソーに行けば色々な品物がありますので、アイデアが浮かんできます。

100均(ダイソー)で買ってきた『ワイヤーネット』と『窓ガラス断熱シート(プチプチ)』
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

実にありがたい存在ですね。(*^_^*)

プチプチ(窓ガラス断熱シート)で水槽に断熱

窓ガラス断熱シート(プチプチ)を貼った後の屋外メダカ水槽

ワイヤーネットにプチプチを2重に貼り付け水槽の蓋にしました。前側は蓋を開閉できるようにマジックテープで止めるようにしています。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

マジックテープでふたをとめたよ!

ガラス水槽の周りには、プチプチを両面テープで貼り付けました。

窓ガラス断熱シート(プチプチ)を貼った後の屋外メダカ水槽
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ワイヤーネットにプチプチは雨対策にも使えるよ!!!

ダイソーのプチプチ(窓ガラス断熱シート)は梱包用プチプチとの違いがあります。

ダイソーのプチプチ(窓ガラス断熱シート)は梱包用プチプチとの違いがあります。

プチプチの比較

普通のプチプチとダイソーの断熱プチプチの違い図
↑画像をクリックで拡大

普通のプチプチ(緩衝材)・・・最も一般的な片面のプチプチで凹凸がある。

※表と裏があります。水槽に貼り付ける場合は、平らな面を外側に向けてガラス面にピッタリ貼り付けます(隙間風が入らないようにします)。

ダイソーのプチプチ(窓ガラス断熱シート)・・・粒の表面に1枚のシートを貼り合わせた3層構造のプチプチで全体が空気層となっている。

※全体に空気層があるほうが断熱にすぐれています。

次の日に水温検証してみた

翌日、断熱シート(プチプチ)を貼ったガラス水槽と、プチプチを貼っていない睡蓮鉢の水温を検証してみました。

検証結果

  • 睡蓮鉢・・・15℃
  • ガラス水槽(断熱)・・・18℃

まとめ

100均のプチプチ(窓ガラス断熱シート)は、こんなに効果があるとは思いもしませんでした。(;'∀')

水温が10℃以下になりましたら餌は与えません。あとは春までほったらかしです。我が家のメダカたちも今年は良い環境で過ごせそうです。(*^_^*)

スポンサーリンク