メダカの屋外飼育「2021年年始」

2020年大晦日の日本列島は今季最強クラスの寒波に襲われて、関東地方も厳しい寒さでした。2021年元旦のメダカの屋外水槽は大丈夫だったのでしょうか・・・?

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

とても心配です・・・(^_^;)

メダカの状況は?

樹脂製水槽(ビオトープ)

メダカのビオトープ水槽

表面に氷が張っています!!メダカを確認できません!

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

だいじょうぶかな・・・ちょっと心配です。

陶器製睡蓮鉢・ガラス水槽(断熱)

屋外メダカ水槽
屋外メダカ水槽

氷は張っていません。メダカは水底でじっとして動きません。

違いは?

樹脂製水槽(ビオトープ)と陶器製睡蓮鉢・ガラス水槽(断熱)の違いは下記の2点でした。

  • ビニールは掛けてあるがサイドが大きく空いていた
  • エアーレーションがなかった

さらなる水槽凍結を防止対策

エアレーションを入れる

樹脂製水槽(ビオトープ)にエアーレーション(ブクブク)を入れて凍結防止をしました。

ビニールでしっかりと覆う

ビニール袋でしっかりと被せた状態のメダカのビオトープ水槽

サイドの隙間をビニールでしっかり塞ぎます。

ビニールは断熱にはなりませんが、冷たい風を防ぐことによって、飼育水の凍結防止になります。

水足しをする

水位が下がっていたので、水を足してできるだけ水深を深くし、すべて凍結しないようにします。

※冬の屋外でも水槽内の水は蒸発しますので、たまに確認しましょう。

1月2日:メダカ水槽の様子

メダカのビオトープ水槽

バケツの水は少し凍っていましたが、メダカ水槽は大丈夫でした。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

メダカ達も無事で良かった(*^_^*)

まとめ

飼育水の表面が凍結しても、メダカ自体が凍らなければ生きていられますが、念のため凍結防止をしっかり行いましょう。

凍結がひどい地域の場合は、必ず屋内に避難させるようにしてください。

スポンサーリンク