当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

当ブログ内の記事を探す

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

RSS

プロフィール

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

WordPress

WordPressを手動でアップデートする方法を解説!

アイキャッチ画像
みきてぃ東西線

WordPressの最新バージョンは、管理画面からアップデートするのが基本ですが、ローカル環境でWordPressをアップデートしようとすると、エラーが起きてアップデートができないこともあります。

この記事では、「WordPressを手動でアップデートする方法」について、分かりやすく解説していきます。

WordPressの手動アップデート方法

実際に、ローカル環境(ここではMAMP)におけるWordPressの手動アップデート方法を説明していきます。

1.WordPressの公式サイトにアクセスします。

WordPress公式サイト:https://ja.wordpress.org/

2.「WordPressを入手」をクリックします。

WordPressをダウンロードする方法

3.ダウンロードページで「WordPressX.X(バージョン名)をダウンロード」をクリックします。

WordPressをダウンロードする方法

4.ダウンロードしたZIPフォルダを解凍します。

WordPressを手動アップデートする方法

解凍すると、以下のファイルやフォルダが入っています。

WordPressを手動アップデートする方法

5.htdocsフォルダ内の「wordpress」フォルダを開き、以下のファイルを別のフォルダへコピーします。

  • wp-content
  • htaccessファイル
  • wp-config.php

6. 旧バージョンの「wordpress」フォルダ内に入っているファイル・フォルダをすべて削除します。

WordPressを手動アップデートする方法
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

念のため、別の場所に一旦バックアップを取っておくと、万が一アップデートに失敗しても復元することができるよ!

7.新しいバージョンの「wordpress」フォルダ内に入っているファイル・フォルダ全てを、htdocsフォルダ内の「wordpress」フォルダに入れます。

▼画像をクリックで拡大

WordPressを手動アップデートする方法

8.続いて、先ほど複製した以下のファイルを、htdocsフォルダ内の「wordpress」に入れます。

  • wp-content
  • htaccessファイル
  • wp-config.php

▼画像をクリックで拡大

WordPressを手動アップデートする方法

これで、全てのファイル・フォルダの移動が完了しました。

9.ローカル環境サーバーを起動し、管理画面にログインできるかどうか確認します。

注意点

「データベースの更新が必要です」が表示された場合は、「WordPressデータベースを更新」をクリックし、データベースの更新を行います。

まとめ

というわけで、今回は「WordPressを手動でアップデートする方法」について解説しました。

ローカル環境でWordPressをアップデートする場合、自動アップデートより手動アップデートで行った方が、リスクが少なくなります。

ローカル環境で管理画面からアップデートできない場合は、ぜひ今回の方法で試してみてください。

この記事を書いた人

プロフィール用画像

みきてぃ東西線

みきてぃ東西線

20代のブロガーです。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。

≫詳しいプロフィールを見る

≫お問い合わせはこちら

当ブログ管理人からのお知らせ

当ブログのリニューアルが完了しました。

なお、個別記事内にて細かいデザインが崩れている場合がありますので、ご了承のほどお願いいたします。

詳しくは、以下のお知らせ記事をお読みください。

当ブログのリニューアルに伴うメンテナンスの作業完了のお知らせ

スポンサーリンク
記事URLをコピーしました