WordPress

WordPressをプラグインで簡単にバックアップする方法【初心者でもわかる】

アイキャッチ画像

万が一、WordPressやレンタルサーバーに何らかの障害が起きる事に備え、WordPressのファイルやデータベースは定期的にバックアップしておく必要があります。

この記事では、「BackWPup」というプラグインを使い、WordPressをバックアップする方法について、初心者でも分かりやすく解説していきます。

なぜバックアップする必要があるか

WordPressを運営していると、データベースやファイルなど、様々な内容がどんどん増えていきます。しかし、もしバックアップを取っていないまま、WordPressにデータ破損やサーバーの障害が起きてしまうと、せっかく続けてきたサイトやブログの内容が一瞬で消えてしまうかもしれません。

そうならないために、WordPressに保存されているデータは、定期的にバックアップを取っておくことを強くオススメします。

でも、どうやってバックアップを取ったらいいの?
みきてぃ東西線

その方法について解説していくね!

バックアップする方法

みきてぃ東西線

バックアップする方法は、次の3つだよ!

  • レンタルサーバーの自動バックアップ機能を使う
  • FTPソフトでバックアップを取る
  • プラグインを使ってバックアップを取る
みきてぃ東西線

このうち、一番オススメなのは「プラグインを使ってバックアップを取る」方法だよ!

今回は、無料プラグイン「BackWPup」を使って、WordPressをバックアップする方法を説明していくよ。

スポンサーリンク

「BackWPup」プラグインを使ったバックアップのやり方

下準備:「BackWPup」をインストール・有効化する

WordPress BackWPupプラグイン

「プラグイン」→「新規追加」から「BackWPup」を検索し、検索結果に「BackWPup」がヒットしたら「今すぐインストール」をクリックします。

みきてぃ東西線

インストール後、「有効化」をクリックしてね!

「BackWPup」を有効化した際、以下のメッセージが表示されますので、「Yes, I agree.」をクリックしてください。

WordPress BackWPup ようこそ画面

「BackWPup」のジョブを作る

みきてぃ東西線

まずは、バックアップのジョブを作るよ!

ジョブ画面から「新規追加」をクリックするか、「BackWPup」サブメニューから「新規ジョブを追加」をクリックします。

WordPress BackWPup ジョブ画面
▲「BackWPup」ジョブ画面から「新規追加」をクリック。
WordPress BackWPup サブメニュー
▲サブメニューから「新規ジョブを追加」をクリック。

一般

バックアップの基本的な設定です。

WordPress BackWPup ジョブ設定

ジョブ名:ジョブ名は分かりやすい名前にします。今回は「全データバックアップ」と付けます。

ジョブタスク:デフォルトのままでOKです。

WordPress BackWPup ジョブ設定

アーカイブ名についてはデフォルトのままにします。アーカイブ形式については、WindowsではZip、MacOSではTar GZipを選択します。

WordPress BackWPup ジョブ設定

バックアップファイルの保存方法:様々な方法がありますが、ここでは最も簡単にバックアップできる「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れます。

ログファイルについても、デフォルトのままで大丈夫です。

ここまで設定したら、「設定を保存」をクリックします。

スケジュール

ジョブを開始するスケジュールを設定します。

WordPress BackWPup ジョブ設定

ジョブの開始方法:WordPressのcronを選択します。

WordPress BackWPup ジョブ設定

スケジュールについては、以下のように設定します。今回は、「毎週月曜日の午前4時半にバックアップ」を設定します。

ここまで設定したら、「設定を保存」をクリックします。

DBバックアップ

データベースのバックアップの設定を行います。

WordPress BackWPup ジョブ設定

バックアップファイルの圧縮:GZipに選択します。

バックアップするテーブルや、ファイル名はそのままで大丈夫ですので、「設定を保存」をクリックします。

ファイル

バックアップするファイルを設定します。

WordPress BackWPup ジョブ設定
WordPress BackWPup ジョブ設定

基本的にはデフォルトのままで構いませんが、使わないテーマがある場合は、除外ページ項目で未使用のテーマ名にチェックマークを付けます。

WordPress BackWPup ジョブ設定

「バックアップから除外」項目と、「特殊なオプション」項目については、特に設定しなくても構いませんので、「設定を保存」をクリックします。

プラグイン

プラグインのバックアップの設定を行います。

WordPress BackWPup ジョブ設定

特に設定する必要はありませんので、「設定を保存」をクリックします。

宛先

バックアップの宛先の設定を行います。

WordPress BackWPup ジョブ設定

バックアップを格納するフォルダー:そのままで大丈夫です。

ファイルを削除:デフォルトでは15フォルダー以内ですが、サーバーの容量に応じて減らした方がいいでしょう。

最後に「設定を保存」をクリックすれば、ジョブの作成は完了です!

作成したジョブは、ジョブ画面から確認することができます。

WordPress BackWPup ジョブ画面

「BackWPup」で実際にバックアップを取る

みきてぃ東西線

先ほど作ったジョブから、実際にバックアップを取ってみよう!

ジョブ画面から「今すぐ実行」をクリックします。

WordPress BackWPup ジョブ画面

バックアップが開始されます。

WordPress BackWPup バックアップ中の画面
みきてぃ東西線

バックアップが完了するまで、絶対に画面を切り替えたり、画面を閉じたりしないでね!

「ジョブは〇秒で完了しました。」とメッセージが表示されたら、バックアップ完了です。

WordPress BackWPup バックアップ完了画面

バックアップファイルは、バックアップ画面で確認することができます。

WordPress BackWPup バックアップ管理画面

「ダウンロード」をクリックすると、バックアップファイルをダウンロードすることができます。

WordPress BackWPup バックアップ管理画面

または、ジョブ画面から「前回の実行」項目からでも、バックアップファイルをダウンロードできます。

WordPress BackWPup ジョブ画面

正常にバックアップされたかどうか確認する

ついでに、BackWPupのログも確認しておきましょう。

WordPress BackWPup ログ画面

ジョブのログのステータスに「正常終了」となっていれば、バックアップ成功です。

みきてぃ東西線

もし、ステータスにエラーが表示されている場合は、BackWPupから届いたメールやログの内容を見て、どこでエラーが発生したかどうかを調べておこう!

バックアップを取る頻度は?

バックアップを取る頻度はサイトやブログの更新頻度にもよりますが、大まかに分ければ以下のようになります。参考までにどうぞ。

ブログのように毎日更新する場合:週に2回バックアップ(できればデータベースとコンテンツファイルは毎日バックアップ)を取る

週に1~3回しか更新しない場合:週に1回バックアップを取る

ミニサイトのように殆ど更新しない場合:月に1回バックアップを取る

なお、テーマのカスタマイズやプラグインの追加、WordPressのアップデート時は、それぞれ事前にバックアップを取ります。

テーマのカスタマイズ:テーマのカスタマイズ前にバックアップを取る

プラグインの追加・アップデート:プラグインを追加・アップデートする前にバックアップを取る

WordPress本体のアップデート:アップデート前にWordPressの全データをバックアップする

まとめ

というわけで、今回は「BackWPup」というプラグインを使い、WordPressをバックアップする方法を解説しました。

WordPressでサイトやブログを運営する上で、バックアップは非常に重要になっていきます。万が一の時に備えて、日頃から定期的にバックアップを取っていきましょう!

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事