アイキャッチ画像

Windows10では、アカウント作成時に「ローカルアカウント」で作成するか、「Microsoftアカウント」を紐づけてアカウント作成するか、どちらか選択することができます。

今回は、この2つの違いについて解説していきます。

早見表

ローカルアカウント

アカウントを作成したパソコンだけログインできるアカウント。

設定の同期やMicrosoftストアから有料アプリの購入、Microsoftサービスを使う場合は、Microsoftアカウントでサインインが必要。

Microsoftアカウント

Microsoftアカウントを使って、Windows10にサインインすること。

Wndows10にサインインする他、以下の機能が使える。

  • Microsoftサービスへのサインインを短縮できる
  • 最初からWindowsの設定を同期できる
  • Microsoftストアで、無料・有料アプリを全てダウンロードできる
  • Windows10の新機能を試すことができる

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違い

Windows10 サインイン画面

ローカルアカウントとは

ローカルアカウントは、1台のパソコンだけで登録できるアカウントです。従来のWindowsから引き継がれている機能で、基本的にユーザーが設定したパスワードを入力してサインインします。

アカウント名は、ユーザーが好きな名前を付けることができます。

なお、設定の同期やMicrosoftストアから有料アプリの購入、Microsoftサービスを使う場合は、別途Microsoftアカウントでサインインする必要があります。

Microsoftアカウントとは

これに対し、Microsoftアカウントとは、Microsoftのアカウントを使ってWindows10にサインインすることを指します。

アカウントにサインインする他、MicrosoftストアやOfficeなどのMicrosoftのサービスにログインして利用できます。

アカウント名は、Microsoftアカウントで設定した名前が表示されます。

MicrosoftアカウントでWindows10をサインインするメリットは以下の通りです。

  • Microsoftサービスへのサインインを短縮できる
  • 最初からWindowsの設定を同期できる
  • Microsoftストアで、無料・有料アプリを全てダウンロードできる
  • Windows10の新機能を試すことができる

特に「Windowsの設定の同期」は、新しいパソコンを購入した時にMicrosoftアカウントでサインインすると、壁紙やデバイスなどの設定をそのまま引き継ぐことができるので、設定し直しせずに済みます。

設定の同期やアプリの購入、Microsoftサービスへのサインインは、ローカルアカウントでもMicrosoftアカウントにサインインすればできますが、最初からMicrosoftアカウントと紐付けしておけば利便性が高くなります。

まとめ

  • ローカルアカウント:従来のWindowsのサインインのこと。
  • Microsoftアカウント:Microsoftアカウントを使ってサインインすること。Microsoftサービスや設定の同期などを使うことができる。

というわけで、今回は「Windows10におけるローカルアカウントとMicrosoftアカウントの違い」を解説しました。

ローカルアカウントでも普通に使うことができますが、Microsoftアカウントを使ってサインインすると、Windows10の利便性が高くなります。

今回の記事が参考になればと思います。

スポンサーリンク