豆知識

Outlookのメールが削除できない!?解決方法を解説

アイキャッチ画像

Outlookで迷惑メールや古いメールを削除しようと思ったら、「オブジェクトが削除されているため、操作を実行できません。」というエラーが表示され、削除できない!と困っていませんか?

このようなエラーの場合、ルートフォルダーのパスが「INBOX」を入れていないため、「削除済みアイテム」が表示されずメールを削除できない原因が多いです。

今回は、「Outlookでメールが削除できない!?解決方法」を解説していきます。

IMAPアカウントの設定で解決する方法

みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
今回は、Outlookに設定しているIMAPアカウントのルートフォルダーに、「INBOX」というパスを設定して、メールを削除できないエラーを解決する方法を解説していくよ~。

手順

1.Outlookを起動します。

2.「ファイル」をクリックします。

Outlook

3.「アカウント情報」項目から「アカウント設定」をクリックします。

Outlook アカウント設定画面

4.プルダウンメニューから「アカウント設定」をクリックします。

Outlook アカウント設定画面

5.設定したいIMAPアカウントをダブルクリックします。

Outlook アカウント設定画面

6.「IMAPアカウントの設定」が表示されます。

「ルートフォルダーのパス」欄に「INBOX」と入力します。

Outlook IMAPアカウント設定画面

7.「次へ」をクリックして設定を保存し、画面を閉じます。

Outlook IMAPアカウント設定画面

8.ホーム画面に戻り、「削除済みアイテム」が表示されたら完了!

Outlook

これで、メールの削除ができるようになります。

設定されているIMAPアカウントによっては、上記の手順で行っても解決できない場合がございます。

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、今回は「Outlookでメールが削除できない!?解決方法」を解説しました。

今回のまとめは以下の通りとなります。

  • 「オブジェクトが削除されているため、操作を実行できない」というエラーが表示され、メールを削除できない。
  • 「削除済みアイテム」が表示されていない場合、上のエラーが表示されることが多い。
  • IMAPアカウントの設定で、ルートフォルダーのパスにINBOXと入力することで解決できる。

以上の3つとなります。

今回の記事が参考になれば幸いです。m(_ _)m

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事