豆知識

正しいお寺のお参り作法とは?

アイキャッチ画像

今回は、お寺のお参り作法を初心者向けに分かりやすくご紹介します。

山門から先のお寺は仏さまがいる聖域です

山門から先は、お寺の仏さまがいる場所です。山門をくぐる前に、以下のやり方でお参りしていきましょう。

手順

  1. 山門の前で合掌して一礼をして門をくぐります。入る前には身だしなみを整えてから、帽子を必ず取ります。
  2. 山門の前で軽く一礼します。
  3. 敷居がある場合は踏まずにまたぎます。
みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
お寺はどこを歩いても構わないよ!
スポンサーリンク

手水舎の作法

みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
手順は神社とお寺は同じよ!!!

お寺の中に入ると手水舎(ちょうずや・てみずや)と呼ばれる建物があります。ここで手や口を清めます。

みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
手や口を清めてね!!!また、水は絶対に飲まないでね!!!

手順

  1. 手水舎の前で軽く一礼します。
  2. 右手で柄杓(ひしゃく)をとり、左手を清めます。
  3. 左手に柄杓を持ち替え、右手を清めます。
  4. 右手に持ち替え、左手に水を受け、口をすすぎます。
  5. 左手をもう一度清めます。
  6. 最後に水を入れた柄杓を立て、柄に水を流してから柄杓置きに伏せて置きます。
  7. 手水舎をでる時、軽く一礼します。

水は、はじめに多めにすくい、途中ですくい直さないようにしましょう。

また、柄杓には、口をつけたりしないようにしましょう。

常香炉(じょうこうろ)

煙を自分の体に寄せるように仰いで、心身を清めます。

合掌してお参りしよう!

お寺における、合掌のやり方
  1. お堂に入って、お賽銭を入れて、仏様の前でお参りです。
  2. 音を出さずに、静かに手を合わせてお辞儀をしましょう。
  3. お祈りが終わったら、軽く一礼して本堂から退きましょう。
みきてぃ東西線
みきてぃ東西線
神社のように拍手をしないでね!

山門を出るまでがお寺参拝

山門を出たら、仏様のお礼の意味で軽くお辞儀をしましょう。

まとめ

お寺では、山門の出入り時や合掌のやり方に決まりがあります。マナーを守ってしっかりお参りしましょう!

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事