アイキャッチ画像

カフェでよく見る「BLTサンド」「クラブハウスサンド」。一見、同じサンドイッチに見えますが、その違いが分からないという方も多いと考えられますよね。

そこで、今回は「BLTサンドとクラブハウスサンドの違い」を、分かりやすく解説していきます。

BLTサンドとクラブハウスサンドの比較表

まず、「BLTサンドとクラブハウスサンドの違いを早く知りたい!」という為に、BLTサンドとクラブハウスサンドの違いを表でまとめてみました。

BLTサンド
  • ベーコン、レタス、トマトの具材にマヨネーズを付け、2枚のパンで挟んだサンドイッチ。
  • 第二次世界大戦後に普及した食べ物。
クラブハウスサンド
  • BLTサンドの具材に加え、ターキーを加えたサンドイッチ。
  • 3枚のパンで具材を挟んでいる。
  • 具材が崩れてしまうのを防ぐため、パンに爪楊枝を付けることが多い。

BLTサンドとクラブハウスサンドの違い

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

それでは、「BLTサンドとクラブハウスサンドの違い」を簡単に解説していくよ~。

BLTサンドとは

BLTサンド

BLTサンドとは、ベーコン、レタス、トマトの具材にマヨネーズを付け、2枚のパンで挟んだサンドイッチのことを指します。

名前の由来については、

  • ベーコン(Bacon)
  • レタス(Lettuce)
  • トマト(Tomato)

の頭文字から取って名付けたそうです。

歴史では古くから親しまれていますが、実際にBLTサンドが普及したのは第二次世界大戦後のことです。

BLTサンドについても様々なバリエーションがあり、オーソドックスなベーコン、レタス、トマトを使う場合であれば、BLTサンドをサラダ風にアレンジする場合もあります。

クラブハウスサンドとは

クラブハウスサンド

これに対し、クラブハウスサンドとはBLTサンドの具材に加え、ターキーを加えたものをいいます。

BLTサンドと似ている所がありますが、一番違うのは具材を挟むパンの枚数。

BLTサンドでは2枚のパンで具材を挟んでいるのに対し、クラブハウスサンドは具材を3枚のパンで重ねています。

クラブハウスサンドにもバリエーションがあり、オーソドックスなベーコンやレタス、トマト、ターキー、マヨネーズを使う場合であれば、薄焼き卵やコールスロー、キュウリ、チーズ、ハムを使うこともあります。

ちなみに、クラブハウスサンドが出来た後に具材が崩れてしまうのを防ぐために、パンに爪楊枝を付けることが多いようです。

まとめ

というわけで、今回は「BLTサンドとクラブハウスサンドの違い」を解説しました。

BLTサンドとクラブハウスサンドは一見似ていると考えられますが、特徴については少し違いが見られます。

今回の記事が参考になればと思います。

スポンサーリンク