アイキャッチ画像
口コミ用キャラクターアイコン

WindowsとMacを両方使っているから、外付けHDDやUSBメモリをexFATにフォーマットしようかな~。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

ちょっと待って!外部メディアは必ずOSに合わせたファイルシステムにフォーマットした方が、データ破損やデータ消失などのリスクを防ぐことが出来るよ!

ということで、今回はその理由について解説していきます。

基礎知識

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

まずは、それぞれの基礎知識について簡単に解説していくよ。

  • NTFS・・・Windows用のファイルシステム。
  • HFS+・・・MacOS用のファイルシステム。
  • exFAT・・・WindowsとMacOSの両方で使えるファイルシステムで、FAT32の上位互換。

NTFS

Microsoft社が開発しているWindows用のファイルシステム。

ジャーナリングファイルシステムの一種で、高いデータ保護の機能を持っている。

MacOSでは読み込み専用で、書き込み時は専用ソフトが必要。

HFS+

Appleが開発しているMacOS用のファイルシステム。

NTFSと同様にジャーナリングファイルシステムの一種で、高いデータ保護の機能を持っている。

Windowsとの互換性は無い。

exFAT

WindowsとMacOSの両方で使えるファイルシステムで、FAT32の上位互換。

WindowsXP SP2(exFAT対応更新プログラムに適用することが必須)以前のOSでは利用できない。

また、NTFSとHFS+とは異なり、データ保護の機能が無い。

「exFATがオススメ」は本当か?

よくネット上では「exFATが一番いいよ!」と見かけますが、exFATにはデメリットがあります。

それは、

「エラーが起きると、読み書きができない・認識できなくなる」

ということです。

exFATはWindowsとMacの両方でデータのやり取りができるように開発されていますが、データ保護の機能が備わっていないため、経年劣化やフォーマット失敗時にメディアが認識できなくなる、データ破損やデータ消失などの大きな危険性があります。

また、exFATの仕様は2019年8月28日(米国時間)にMicrosoftから公開されるまで、長らく非公開となっていたため、どれが本物のexFATの仕様なのか分からない状況となっています。

口コミ用キャラクターアイコン

exFATには大きなデメリットがあったのか・・・。

使うOSに合わせて適切なフォーマットを設定しよう

見出し画像

ですから、新しくハードディスクやUSBメモリなどの外部ストレージを使い始める際、必ずOSごとに合わせたフォーマットを行うことが大事です。

WindowsはNTFSが適切

NTFSはジャーナリングファイルシステムの一種として扱われており、データの保護性能が高いため、データの書き換えでエラーが起きても、データ破損やデータ消失から守ってくれます。

そのため、Windowsパソコンだけで使う場合はNTFSにフォーマットしておきましょう。

MacOSはHFS+が適切

HFS+もNTFSと同様にジャーナリングファイルシステムとして扱われるので、データの保護が高いです。

そのため、Macだけで使う場合はHFS+にフォーマットしておきましょう。

どのファイルシステム形式でも必ず定期的にバックアップを!

とはいえ、いくらNTFS(HFS+)なので安心といっても、ハードディスクやUSBメモリなどの外部ストレージ機器は消耗品です。

どのファイルシステムで設定しても定期的にバックアップを取り、データ破損/データ消失から守るようにしましょう。

まとめ

私自身も、学生時代はWindowsパソコンとMacOSパソコンを両方使う機会があったので、ハードディスクやUSBメモリはexFATに設定していました。

今回、ファイルシステムのことを調べてみて、改めてどのファイルシステムにフォーマットした方が良いのか、改めて参考になりました。今後は「exFATは便利だから!」を鵜呑みにしないように気を付けておきます。

というわけで、最後にまとめ。

  • Windowsパソコン・・・NTFSにフォーマット
  • MacOSパソコン・・・HFS+にフォーマット

え?MacOSとWindowsの両方でフォーマット無しで読み書きしたい場合はどうすればいいって?

その場合は、『Microsoft NTFS for Mac』等の専用ソフトを使えば、WindowsとMacを両方使いたい為に、わざわざexFATにフォーマットしなくても大丈夫です。。。

スポンサーリンク