見出し画像

パソコンやスマホでインターネットを接続するには、無線LANまたは有線LANが必要になっていきます。

しかし、初めてインターネットに繋げる方は「無線LANか、有線LANか、どっちにしたらいいの?」と迷ってしまうのではないでしょうか?

そこで、今回は「無線LANと有線LANの違いとメリット・デメリット」を分かりやすく解説していきます。

無線LANと有線LANの比較表

「早く答えが知りたい!」という方は、以下の表にまとめてみましたので、参考までにどうぞ。

無線LANと有線LANの違い

無線LAN(Wi-Fi)配線をしないで、ネットに繋げる方式。
有線LAN専用の端末と回線で、ネットを繋げる方式。

それぞれのメリット・デメリット

 メリットデメリット
無線LAN(Wi-Fi)
  • モバイル回線より接続が早い
  • Wi-Fi環境内では、どんな端末でも接続できる
  • 配線の必要が無い
  • 接続が不安定になりやすい
  • セキュリティ面の問題
有線LAN
  • ネット接続が安定しやすい
  • ネットに繋がらない原因が分かりやすい
  • 配線で見た目がごちゃごちゃになりやすい
  • 端末の劣化や断線が心配
  • 一度配線すると移動ができない

無線LANと有線LANの違い

見出し画像

まずは、「無線LANと有線LANの違い」について解説していきます。

無線LAN(Wi-Fi)とは

無線LANとは、その名の通り配線をしないでネットに繋げる方式です。別名、「Wi-Fi」と呼ばれます。

スマートフォンやタブレット端末では、モバイル回線を使ってネットに繋げることはできますが、ネットの速度に関しては無線LANの方が早くなります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

我が家でも、ノートパソコンやスマホのネット接続には無線LANを使っているよ。

有線LANとは

有線LANとは、自宅にネット専用の回線と専用の端末を繋げる方式です。「光回線」とも呼ばれます。

無線LANよりネットの接続が安定しやすく、またセキュリティ面に強い傾向があります。

プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

我が家のデスクトップパソコンでは、有線でネットに接続しているよ。

無線LANと有線LANそれぞれのメリット・デメリット

アイキャッチ画像

次に、「無線LANと有線LANそれぞれのメリット・デメリット」を簡単にまとめます。

無線LANのメリット・デメリット

メリット

  • モバイル回線より接続が早い
  • Wi-Fi環境内では、どんな端末でも接続できる
  • 配線の必要が無い

デメリット

  • 接続が不安定になりやすい
  • セキュリティ面の問題

有線LANのメリット・デメリット

メリット

  • ネット接続が安定しやすい
  • ネットに繋がらない原因が分かりやすい

デメリット

  • 配線で見た目がごちゃごちゃになりやすい
  • 端末の劣化や断線が心配
  • 一度配線すると移動ができない
プロフィール用アイコン
みきてぃ東西線

いずれもメリット・デメリットがあるので、無線LANや有線LANを使う場合は、自分のスタイルに合わせて決めよう!

無線LANと有線LANを併用する場合のポイント

最後に「無線LANと有線LANを併用する場合のポイント」を簡単にまとめました。

  • 無線LANのルーターに、有線LANを接続するLANポートがあるかどうか確認する
  • 無線LANが届かない場所では「中継器」を活用する
注意点

「中継器」を使用した場合、親機のルーターに影響を及ぼし、通信の速度が低下する場合があります。「中継器」を繋げた後に通信が不安定になった場合は、より高性能な無線LANのルーターに買い替えることも検討しましょう。

まとめ

無線LANと有線LANは、それぞれの違いやメリット・デメリットがあります。これらの仕組みを上手く活用し、インターネットをどんどん使いこなしていきましょう!

スポンサーリンク