メダカ

メダカの飼育は屋内・屋外どちらが良いのか?【初心者でもわかる】

アイキャッチ画像

メダカは丈夫で飼いやすい魚で、屋外と室内どちらでも飼育することができます。ですから室内・屋外どちらかで飼育するか、迷ってしまうのではないでしょうか。

今回は「メダカの飼育は屋内・屋外どちらが良いのか?」について解説します。

まず、結論から言うと、

  • 屋外・屋内での飼育はそれぞれ一長一短がある
  • メダカを増やしたい方・・・屋外飼育
  • メダカを一年中鑑賞したい方・・・屋内飼育

以上の3つとなります。

屋外飼育

メダカを繁殖をさせて増やしたい人におすすめです。

屋外飼育におけるメリット・デメリット

メダカの屋外飼育におけるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • 庭に余裕があればメダカをたくさん飼える
  • 水生植物と一緒に育てる事ができる
  • 日光に当てることができるので丈夫に育つ
  • 冬は(冬眠)餌やり、水換えもしないので手間がかからない
  • 四季を感じながら飼育が出来る

デメリット

  • 上からしか鑑賞できない
  • 冬は(冬眠)メダカの姿を鑑賞できない
  • 真夏は直射日光で水温が高くなりすぎる恐れがある(夏の対策)
  • 雨で水がオーバーしメダカが逃げでしたり水質が悪化してしまう(雨や台風対策)
  • 外敵に狙われやすい(外敵対策)

屋外でメダカを飼う場合、トンボの幼虫(ヤゴ)などの天敵に狙われやすくなります。ですから、しっかりとした対策が必要になります。

スポンサーリンク

室内飼育

1年を通して鑑賞したい人におすすめです。

室内飼育におけるメリット・デメリット

メダカの室内飼育におけるメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

  • いつでもすぐに見ることが出来る
  • ヒーター・ろ過装置が設置でき環境がよくなる
  • ヒーターを入れておけば真冬にもメダカの元気な姿を見ることができる

デメリット

  • ヒーター・ろ過装置などの費用がかかる
  • 電気代がかかる

まとめ

我が家も初めは室内飼育でした。グッピーの飼育を始めてからスペースがなくなり、屋外飼育に切り替えました。

屋外・室内どちらも一長一短です。自分のスタイルで楽しむのが良いでしょう。

ABOUT ME
みきてぃ東西線
20代大学卒業生です。IT・インターネット関連や生活関連、趣味の1つである観賞魚などの記事を書いています。
おすすめ記事