アイキャッチ画像

今回は、HTMLでWebサイトを作るのに必要な「doctypehtml・head・bodyタグの使い方」について解説していきます。

html・head・bodyタグは絶対に必要

HTMLでサイトを作る場合、どのページでも絶対に必要なタグは以下の4つです。

  • doctypeタグ
  • htmlタグ
  • headタグ
  • bodyタグ

doctypeタグ

<!DOCTYPE html>

※本来はドキュメントタイプですが、この記事ではタグとして扱います。

doctypeタグとは、そのタグが付いたページがHTML5で作られたページであることを示すタグです。記述する場合は、htmlタグより上に書きます。

補足

HTML4.01ではDOCTYPE宣言を必ず記述しなければいけません。

HTML4.01におけるDOCTYPE宣言

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">

htmlタグ

<html>
<!--htmlタグに囲まれた部分に様々なタグを入れます。-->
</html>

htmlの全ルート要素において必要なタグのことです。

htmlタグはlang属性を使用することができ、例えば使用している言語が日本語の場合は、以下のように書きます。

<html lang="ja">

headタグ

<head>
<!--ここにヘッダ情報を入れます。-->
</head>

headタグは、サイトのヘッダ部分を表すタグのことです。

headタグに囲まれた部分は、以下のタグを入れることができます。

  • titleタグ・・・そのページのタイトルを指定するタグ。
  • linkタグ・・・外部ソースを指定・参照するタグ。
  • metaタグ・・・メタデータを示すタグ。
  • baseタグ・・・相対パスURLを指定するタグ。

bodyタグ

<body>
<!--ここに本文を入れます。-->
</body>

bodyタグとは、サイト内の本文であることを示すタグのことです。

このタグで囲まれた部分に、段落を示すpタグ、画像を表示するimgタグ、リンクなど外部のリソースを参照するaタグなど、多くのタグを入れて構築していきます。

サンプルコード

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<!--ここにヘッダ情報を入れます。-->
</head>
<body>
<!--ここに本文を入れます。-->
</body>
</html>

まとめ

  • doctypeタグ:HTML5で作られたページであることを示すタグ。
  • htmlタグ:htmlの全ルート要素において必要なタグ。
  • headタグ:サイトのヘッド部分を表すタグ。
  • bodyタグ:サイト内の本文であることを示すタグ。

というわけで、今回はHTMLでWebサイトを作るのに必要な「doctype・html・head・bodyタグの使い方」について解説しました。

doctypeタグ・htmlタグ・headタグ・bodyタグは、Webサイトを作る時に絶対に必要なタグです。

これからWebサイトを作る際は、基本的なdoctypeタグやhtmlタグ、headタグ、bodyタグを最初に入れておくことを忘れないようにしましょう。

出典

小川裕子・加藤善規&できるシリーズ編集部『できるポケット HTML5&CSS3/2.1全事典』(インプレス)

スポンサーリンク